2016_12
12
(Mon)16:00

GPファイナル雑感

GPファイナルが終了したので、感想を少し。

男子シングル結果
GPFF1.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/CAT001RS.HTM

GPFF2.png
(画像 → http://www.hochi.co.jp/sports/garticle.html?id=20161211-OHT1I50041

男子SPジャッジスコア → ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2016 MEN SHORT PROGRAM
男子FSジャッジスコア → ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2016 MEN FREE SKATING

優勝は羽生選手。GPF4連覇ですね。
2位はショート5位から追い上げたネイサン・チェン選手で、3位は宇野選手。
皆様おめでとうございます。

そんな男子シングルで和猫の印象に残ったのは、やっぱりネイサン・チェン選手のFSですにゃ。
4Lz+3T、4F、4T+2T+2Lo、4T、すべてを加点付で着氷。
ちょっと確率の悪かった4Sは外してきたけれど、4Sなくても唖然とするわー。
苦手としている(はず)の3AもSP、FSともに着氷しましたし。

さらにあれほどのジャンプを跳んだ後に、
今滑り始めました?と思ってしまうほどキレキレのステップ(レベル3)を披露するってどういうこと?

やっぱりネイサン選手はいいにゃーヽ(^◇^*)/

Nathan Chen best FS 2016 GP Final Marseille


GGFF5.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/gpf1617_Men_FS_Scores.pdf

TES 113.13 ( ̄Д ̄;)
これでPCSも上がってきたら… どんな点数になるやら?

宇野選手のFSも良かったーヽ(^◇^*)/
これまでは正直FSの音楽がちょっと苦手だったんですよ。最後のヴォーカルのところとか。
でも、今回は宇野選手のエネルギッシュで情熱的で力強い演技に音楽がぴったりと合っていて、
宇野選手の音楽的センスを改めて思い知ったFSでした。天性の才能ですよね。

また、フィニッシュのCCoSpが満点で話題になっていましたね!
男子はランビエール以来とかヾ(*´∀`*)ノ

Shoma Uno FS 2016 GP Final Marseille


コンボがあとひとつ決まっていたら、2位だったよねー。
改めてこの演技、胸にぐっとくるものがあります。

FSではジャンプの転倒があって残念な結果になったけれど
PさんのSPもとても印象に残っています。
元からスケーティングの美しい選手だったことは皆さまも重々承知のことと思いますが、
その美しさに上品さがプラスされましたよね!
和猫は思わず身を乗り出して演技を観ていました。次回は結果もついてくることを願っています。


女子シングル結果
GGFF3.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/CAT002RS.HTM

GPFF4.png
(画像 → http://www.sankei.com/sports/photos/161211/spo1612110016-p2.html

女子SPジャッジスコア → ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2016 LADIES SHORT PROGRAM
女子FSジャッジスコア → ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2016 LADIES FREE SKATING

ちょっと話は逸れるけど、GPファイナルのメダル、プラスチック製なんだって(;´∀`)
フランス連盟の予算の関係かしら…

優勝はメドベデワ選手、2位に宮原選手、3位がポゴリラヤ選手でした!
皆様おめでとうございます。

宮原選手が表彰台に乗ることが出来てよかったーヾ(*´∀`*)ノ
GPS初戦でステップのノーカンや回転不足を取られて悩まされ大変な思いをしたにも関わらず
すべてにしっかりと対応して克服してくる力は素晴らしい。

和猫、宮原選手のSPでのPSC評価にはかなり怒っていたのですが(下から2番目)
FSでメドベデワ選手に次ぐ2番目に高い評価だったので少しホッとしました。
ていうか、SPのPCSが低過ぎやしませんかね?

しかし宮原選手のこの逞しさすら感じるようになった演技と、
練習したにも関わらず控え目なガッツポーズをもう1度観てやってください(*´▽`*)

Satoko MIYAHARA FS - 2016 GPF


スコアの面では、真央さんのソチフリー142.71点、
合計では14年世界選手権で出した216.69点を超えたそうです。

真央さんファンとしては少し複雑な心境なのも確かですが(^^;
でも、ソチの時も世界選手権の時も、どちらも真央さんの点数が低かったと和猫は思っているので
宮原選手がこうやって評価されたことはうれしい限りです。

また、メドベデワ選手が真央さんの持つSP世界記録78.66点を0.55点上回る79.21点を出して
記録を更新しました。

フランス杯の点数を観てから、近いうちに更新するのだろうなと思っていたので特に驚きはありませんでした。
これもやはり寂しく感じますが、定番ですが「記録は破られるためにある」訳ですしね。
メドベデワ選手が出した記録も、いつかは誰かが更新するのです。

更新のニュースを読んだ後に、
いちおう真央さんとメドベデワ選手のジャッジスコアを比較してみたので
ここにも掲載しておきます。

真央さん14年世界選手権ジャッジスコア
GGFF6.png
http://www.isuresults.com/results/wc2014/wc2014_Ladies_SP_Scores.pdf

メドベデワ選手GPFジャッジスコア
GGFF9.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/gpf1617_Ladies_SP_Scores.pdf

こうやって比較してみると、基礎点、そして実際に評価された技術点では真央さんの方が上回っているのです。

真央    基礎点 34.69 技術点  42.81
メドベデワ 基礎点  33.10 技術点 42.55

でもGOEとPCSはメドベデワ選手が上回っています。

真央    GOE 8.12 PCS 35.85
メドベデワ GOE 9.45 PCS 36.66

メドベデワ選手はルッツのエラーがあるのでSPにルッツは入れていないし、もちろん3Aもありません。
だからジャンプだけの基礎点は後半の1.1倍を含めて「19.80」ですが、
真央さんは「21.39」です。

それでもメドベデワ選手のほうが総合して上回ったのは、
やはり細かくGOEを稼いだことと、PCSの高さです。

ちなみに14年の世界選手権の時、真央さんのPCSは出場選手中2番目で、
1番は誰なのかというと、そう、カロリーナ・コストナー選手で「37.46」でした。

GPファイナルのショートでメドベデワ選手は
14年世界選手権時のコストナー選手にたった0.8点少ない「36.66」を貰っているんですよねー。
凄い評価だなーと思います。
前々から言っていたけれど、
PCSについてはメドベデワ選手が高すぎるイメージがあるのはこのためなんですけどね。

メドベデワ選手に限らずこの1、2年は、
シニアに上がったばかりでもPCSが高くつく傾向になっていますが…

また良い悪い、好き嫌いに関係なく、以前から難しいジャンプ構成でなくても
GOEやPCSを稼げば点が出るようなシステムになっているのが現実ですよね。
個人的にはなんだかなぁっていう思いはあります。

ただ、これは以前も少し書きましたが、GOEについてはある程度納得できます。
メドベデワ選手はなぜかタノばかり取り沙汰されることが多いけれど、
加点対象はタノだけではありません。

ずっとスケートを観てきた人だったらわからないはずがないですよね。
メドベデワ選手のジャンプの前後の繫ぎが。

片手を上げて跳ぶことは、指先が綺麗でなくても腕が少々曲がっていようとも
ルール上は「空中での姿勢変形」として加点の対象です。

加えて、ステップからのジャンプ、着氷したその足でステップ動作に入る。
これは「難しい入り」や「独創的な出方」として加点対象だし、
着氷足で繫ぎに入れるということは、そのジャンプに流れがあるから出来ることなので、
「入りから出までの流れが十分」に該当し、音楽に要素が合っていると判断されるでしょう。

これだけのことをほぼ全部のジャンプに組み込んでいるのですから、
少しずつGOEを稼いでいくことが出来るのですよね。
そして、それをこなす力もあるということです。

中には繫ぎが多くてごちゃごちゃしていて…という意見もあるようだけど、
それは個人の好みの問題、それこそ主観なんじゃないかなー?
和猫はジェイソン・ブラウン選手のように、繫ぎがたくさん入っているプロも大好きなんですけどね。
そういえば、ジェイソンに対する繫ぎが多くてごちゃごちゃ…は聞いたことがないような。

しかし、メドベデワ選手も今は若いから後半にジャンプを固めたり、
繋ぎもりもりでもジャンプが跳べるかも知れないけれど、数年後はちょっとわからないですね。
出来ればルッツのエラーを克服して、アクセルが苦手ならいずれ4Sに挑戦して貰いたい気もします。

高難度ジャンプになると、今のような繫ぎは無理かも知れませんが、
やはりいつまでもこのジャンプ構成で行けるとは限りませんから。
そして来季はぜひ王道のクラシックで滑るメドベデワ選手が観たいです。

いろいろ書きましたけど、和猫の「主観」としては、メドベデワ選手のプログラムは好みではありません。
好みではないけれど、ルールに沿ってレベルを落とさないよう戦略的によく練られたプログラムで
それに対応できる力のあるメドベデワ選手は凄いと思います。


さて!GPファイナルも終了して、全日本選手権が近づいてきました!!
真央さん元気にしてるかなー?膝や腰の具合は大丈夫だろうか?

そんなファンの真央さんに対する思いをくみ取ってくれているのか、
アルソアさんが真央さんへメッセージリースを作って届けるという企画を始めてくれましたねヽ(^◇^*)/

  → メッセージリースを作って浅田真央さんに届けよう!

AAR7.png

         挑戦 希望 感動 感謝 夢

アルソアさんの用意してくださった5つのリースを並べたら、
なんだか五輪マークみたいになりました(*´∀`)

皆様はもう投稿しましたか?
下記URLから投稿されたメッセージを読むことができますが
読んでいると勝手に泣けてきますにゃ(´;ω;`)

  → みんなのメッセージ

このような素晴らしい企画を用意してくださったアルソアさんに感謝します。

スポンサーサイト
2016_11
27
(Sun)15:10

GPS NHK杯雑感

GPSの最終戦となるNHK杯が終了しました。
NHK杯の良いところは、なんといってもすべての競技がLIVEで観られることですにゃ。
民放のように、はっきり言ってどうでもいい煽りVTRもなく、
純粋にスポーツ中継を楽しむことが出来るのが最大の利点♪
フィギュアスケートの放送はすべてNHKでお願したいと、毎年この時期になると思うことです。

特にアイスダンスの宮本先生の解説が細やかでとても良かったし、
男子シングルを解説してくれた本田さんも良かった!

技術的な部分をしっかりと解説してくれたら、もっともっと競技に対する理解が深まるのに、

  「さんかいてんっ!さんかいてんっ!」
  「元気いっぱいですねー!」(by佐野さん)
  「(ジャンプを)降りましたっ!」
  「スケートもよく伸びていますねー」
  「表情も良かったのではないでしょうか」 などなど…

そんなの見れば分かるわっ!とツッコミたくなるような
まるで定型文を読んでいるかのような味気ない解説にはうんざりなんですにゃ。
解説ひとつでも競技の面白さがずいぶんと違ってくるものです。

では結果です。

男子シングル結果
NH1.png

NH5.png
(画像・納冨康撮影 → http://www.sankei.com/sports/photos/161126/spo1611260050-p4.html

SPジャッジスコア → ISU GP NHK Trophy 2016 MEN SHORT PROGRAM
FSジャッジスコア → ISU GP NHK Trophy 2016 MEN FREE SKATING

田中選手の台乗り記念に名前を赤枠で囲っておりますが(^^;

優勝は羽生選手でした。きっとここまで戻してくるだろうと思っていたので、特に驚きはありません。
たぶん驚くのはまだ早いんじゃないかな?ピークはきっと世界選手権にもってくると思うので、
その時にどんな演技を見せてくれるか期待したいです。
しかしSPの3Aは見事でした!GOEも満点付いていますが、納得です。

2位には「ネイサン事件です」でお馴染みのネイサン・チェン選手!
和猫、ネイサン選手が好きだ!ジャンプもびっくりさせてくれるけどスケートも綺麗ですよね(*´▽`*)
今回の「事件」はなんといっても4Lz+3Tの4Lzを転倒した後に、4F+3Tでリカバリというビックリの展開!

「4Lzを失敗してもいいじゃないか、4Fがあるもの♪」みたいな(;・∀・)

世界初?となる4Fのコンビネーションジャンプをまさかこんな形で観ることができるとは思いませんでした(笑)
そしてネイサン選手は計算も良く出来るようで、フリーのジャンプ構成を途中から大きく変えてきました。
予めシュミレーションがあるのか、咄嗟のことなのかわかりませんが素晴らしい落ち着きぶりです。
今後がとても楽しみなネイサン選手。どうか怪我にだけは気を付けて欲しいですにゃ。

3位は田中選手ヽ(^◇^*)/
田中選手については別記事にしていますのでここでは省略しますが、ほっんと良かったよー(´;ω;`)

また、和猫の大好きなジェイソン・ブラウン選手は
ジャンプの調子が戻らなくてちょっと残念な結果になりました(〒_〒)
なんだかいつものブラウン選手じゃなかったですよね。体調大丈夫なんだろうか?

それでもスピンやステップのなんと美しいことか!
ひとつひとつがまるで芸術作品のよう♪
日本で滑ってくれてありがとう、心から感謝します。

NH6.png
(画像 → http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/6908/photo/21226

NH7.png
(画像 → http://www.afpbb.com/articles/photo-slide/3109270?pno=19#/14

全米では華麗なる復活を期待したいです!

山本草太選手のピンチヒッターで出場することになった日野選手もとても良かったと思います。
急なことで調整も難しかったと思うのに、大舞台でも堂々とした滑りでしたよ!
日野選手も、もともととても才能のある選手です。これをきっかけに浮上して欲しいです。


女子シングル結果
NH8.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpjpn2016/CAT002RS.HTM

NH9.png
(画像 坂本清撮影 → http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/6907/photo/21219

SPジャッジスコア → ISU GP NHK Trophy 2016 LADIES SHORT PROGRAM
FSジャッジスコア → ISU GP NHK Trophy 2016 LADIES FREE SKATING

優勝はポゴリラヤ選手!
苦しんだ時期もありましたが、じっと我慢して乗り越えての復活です(*´▽`*)
今季はSP、FSともプログラムも良いですよね。
SPは和猫の中でナンバー1の映画「セント・オブ・ウーマン」より。
真央さんのEXでも使用された「ポル・ウナ・カベーサ」ですね♪

Por・Una・Cabeza(ポル・ウナ・カベーサ)、競馬用語で「首差で」という意味です。
「首差で負けた!(`艸´;)」みたいなw

ポゴちゃんの衣装も、「セント・オブ・ウーマン」のガブリエル・アンウォーがモチーフになっているんだろうな(*´▽`*)

The Tango - Scent of a Woman (4/8) Movie CLIP (1992) HD


ほっんとこの映画大好きなんですよねー♪
あ、映画の話じゃなかった(;・∀・)

2位は宮原選手ヽ(^◇^*)/
SPで珍しく転倒するというミスがありながら立て直し、FSではほぼ完ぺきな演技を見せてくれました。
強いですよね、さっとん!素晴らしい。
前回はノーカンになってしまったステップも認定され、そしてレベル4を獲得しました。
回転不足を取られてしまったジャンプもいくつかありましたが、
それ以外、スピン、ステップも取りこぼすことなく良かったです。

3位はソツコワ選手でした。
ジュニアの頃から動画で時々演技を観ていたけれど、いつの間にこんなに大きくなったのかw( ̄Д ̄;)w
身長170cmでしたっけ? あれだけ成長したらジャンプの感覚も難しいだろうなー。
事実、FSではけっこう回転不足を取られてしまい点が伸びませんでした。
しかしPCSは高いですねぇ。ちょっと高すぎる気がしますが…

樋口選手は4位になりました。
ファイナルには行けないけれどいろいろと収穫のあったGPSだったのではないかなー?
FSのシェヘラザードって樋口選手にはどうなんだろう?と思ったけれど、
ジュニアの頃に比べたら、ジャンプや力強さだけではなく、しなやかな演技も出来るようになりましたよね。
マッシモはプログラムにフェミニンさも取り入れたかったそうですが。
今回は緊張しちゃったのか、いつものスピードも抑え気味?な感じでした。
次は全日本に期待したいです!

松田選手も良かったです(*´▽`*)
3Lo+3Loもなかなか観られないコンビネーションだし、
2A+3T+3Loにはびっくりするわー! 
ただエッジは良いけれど、やはり回転不足気味のジャンプがいくつかあるので
ループ以外のジャンプを確実にして、あとスピンもレベルアップできたらもっと良くなるだろうな~♪
これからも頑張って欲しいですね!

さて、NHK杯が終了してファイナル出場者が確定しました。

男子シングル
NH10.png

  → ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Men

女子シングル
NH12.png

  → ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Ladies

女子は恐ロシアから4人(;・∀・)
日本からは宮原選手が出場することになって良かったです。

ファイナルは12月9日からマルセイユで開催されます。


2016_11
06
(Sun)15:55

GPS ロステレコム杯雑感

GPSロステレコム杯、まだ半分くらいしか観ていないけれど、
和猫的に気になった、偏った感想を少し。

男子シングル結果ですにゃヽ(^◇^*)/

男子シングル結果
RO1_2016110613341779a.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gprus2016/CAT001RS.HTM

SPジャッジスコア → ISU GP Rostelecom Cup 2016 MEN SHORT PROGRAM
FSジャッジスコア → ISU GP Rostelecom Cup 2016 MEN FREE SKATING

宇野選手、SPで世界歴代3位となる98.59点をマークして1位だったものの、
FSで調子を上げきれずに総合2位となりました。
しかしこれでファイナル一番乗り!おめでとうございますヾ(*´∀`*)ノ

ジャンプはたぶん繫ぎを増やした分、ちょっと不安定になっていましたが、
滑るごとに良くなるんじゃないかなぁ?と思いました。
完璧でなくても高得点をマークすることが出来る宇野選手。
ジャンプがすべて決まったら、物凄いことになりそう。

宇野選手の強みは、なんといってもスケートが綺麗でよく伸びるところ。
PCSも評価されているので、ファイナルでは間違いなく優勝候補の一人ですにゃね!
和猫、楽しみにしているにゃ♪

今回、ロシア放送はタラママが解説していたけれど、
宇野選手についてどんなことを語っていたのか気になる…
きっとべた褒めだったに違いない。

優勝はフェルナンデス選手で、3位にはビチェンコ選手。
おめでとうございます!

フェルナンデス選手は常にやる気さえあれば結果を出す選手。
やる気が出た時のナンデス選手は止められませんにゃ。
しかしGOEはポンポン付くし、PCSの10点台が8個って… まあいいや(;´Д`)

和猫家が全力応援している田中刑事選手はSPで出遅れてしまいました。
FSも冒頭はどうなることかとドキドキしたけど、後半にいくにつれて盛り返してくれましたにゃヽ(^◇^*)/
4Sがなかなか思うように決まりませんが、良い演技でしたよ♪

Keiji TANAKA FS - 2016 CoR


こういうコミカルでちょっとお洒落なプロがデカには良く似合う!!!!
これからもこの路線を突き詰めて欲しいにゃ!

ジャンプがなかなか決まらないなら、まっちーみたいにコンパルソリーを取り入れよう♪
基本が大事って真央さんもまっちーも佐藤先生も言ってたにゃよ。
ここで勢いを付けて、日本中をあっ!と言わせる演技をNHK杯で見せつけてやるにゃっヾ(@^▽^@)ノ

おい刑事、帰るぞ!! byまっちー

※「おい刑事、帰るぞ」事件とは → 【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】田中刑事選手エピソード2


女子シングル結果はこちら。

女子シングル結果
RO2_201611061336057dd.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gprus2016/CAT002RS.HTM

SPジャッジスコア → ISU GP Rostelecom Cup 2016 LADIES SHORT PROGRAM
FSジャッジスコア → ISU GP Rostelecom Cup 2016 LADIES FREE SKATING

優勝はポゴリラヤ選手で2位はラジオノワ選手。
3位にはヒックス選手です。おめでとうございます!

ポゴリラヤ選手はこれまでうまくいかない時期もありましたが、今回は素晴らしかったですね!
ジャンプは決まると大きくて迫力あるし、SPのステップはよく伸びてとても良かったと思いました。
手足が長くて綺麗な選手だから、氷上で映えて素敵なんです♪

FSも大きなミスもなく、うまくまとめて全体的に良い演技だったと思いました。
ただ、ジャッジスコアをみると、URでは?と思うジャンプも認定されている部分はちょっともやもやしますにゃよ。
GOEは笑うしかない(;´∀`)

ラジオノワ選手にも言えることですが、それURだよね?と思うジャンプも刺さっていないし。エッジも…
全部の選手を観ているわけではないから、おそロシアだからなのか、みんなそうなのかはわからないけど
スケアメのジャッジは何だったのか?と思ってしまいますにゃ。

で、和猫はポゴリラヤ選手もラジオノワ選手もお気に入りの選手で、
ラジオノワ選手は特に美しいスピンが大好きなんです(*´▽`*)
しかし今回のFS、特に最後のスピンは珍しくトラベリングしたり、
いつものラジオノワ選手のようではありませんでした。

動画4分20秒くらいから。

Elena RADIONOVA FS - 2016 CoR


和猫的には、GOE「0」あたりが妥当かな?と思うし、
実際、「-1」を付けたジャッジが2人。「-2」を付けたジャッジが1人。「0」が3人いました。
そんな中、J1が「+2」を付けていたのでロシア人ジャッジかしら?と思って確認したら日本人でした(;´∀`)

ジャッジ一覧 → Ladies - Free Skating Panel of Judges

先日の講演会でちょっと話題になってた吉岡さんですにゃね。
このスピンに“出来栄え”で「+2」を付けた理由は何なのでしょうね?

日本の村上佳菜子選手は11位、松田悠良選手は6位でした。

佳菜子ちゃん、FSではスピンもステップもレベル4を貰ってましたよ!
滑りも年々美しくなって、すごくきれいなスケーティングなのに、
ジャンプの回転不足がほんとうに悔しいというか。
もっと出来るはずなのに、このままでは本当に勿体なさ過ぎる。
ジャンプを強化してなんとか頑張って欲しいです。本来はこんな位置にいる選手ではないのにね。

松田選手は初GPSで良い演技でしたよね!
SPは緊張感が伝わってきたけれど、FSはSPよりものびのび滑っていたんじゃないかなー?
冒頭の2A+3T+3Loって凄いですね。

Yura MATSUDA FS - 2016 CoR


今後も楽しみなんです(*'▽')

心配なのはリプニツカヤ選手ですね。
SPでは良い笑顔を観ることができてうれしかったのですが、FSは足の痙攣で演技を中断。
涙ぐんでいる姿に観ているほうも辛かったですにゃ。
何事も無いといいんですけどね。

怪我といえば、東日本選手権に出場していた村上大介選手もSPで4Sを跳んだ後に右足を痛めたみたい(〒_〒)
中断後に最後まで滑ったようですが、FSは棄権になってました。






とにかく今は無理をしないでしっかり治して、そしてまた戻ってきて欲しいです。


さー次はいよいよ真央さん出場のフランス杯!!
樋口選手と無良選手も出場ヽ(^◇^*)/

真央さん、元気に練習しているのかな?左膝の怪我は大丈夫だろうか?
心配なこともあるけれど、真央さんの思うような演技が出来るように全力応援ですにゃヾ(*´∀`*)ノ


SKAA.png


2016_10
30
(Sun)15:40

GPS スケートカナダ雑感

スケカナ雑感といっても、全部を語っている余裕がないうえに
まだすべての演技を観られているわけではないので
ちょっと偏った感想になっています(;´∀`)

まずは結果ですにゃヽ(^◇^*)/

男子シングル結果
KANA1_201610301233356d8.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/CAT001RS.HTM

SPジャッジスコア → ISU GP 2016 Skate Canada International MEN SHORT PROGRAM
FSジャッジスコア → ISU GP 2016 Skate Canada International MEN FREE SKATING

優勝はPさんでした!ジャンプはまだ本調子のようには見えなかったけれど、
しかしFSの4T+3T、GOE満点ってどういうこと(ノ´∀`*) 凄いわー。4Sも入れてきたし。
それにさすがのスケーティングでしたねぇ。SPのビートルズもいいけれど、FSは特に名プロですね。

2位は羽生選手。SPの4Lo、珍しく前向きで降り転倒してしまってダウングレードって近年みたことないミスでした。
怪我で練習が遅れている中ちょっと苦しんでいるようですが、
シーズンが進むにつれて問題は解消していくのではないでしょうか?

3位はうれしいですにゃねぇ!ケヴィンヾ(*´∀`*)ノ
なんだかこれで本格的に戻ってきてくれたんだという気持ちになりました。
URになったジャンプもあったけれど、クワドも2種類入れてきて
そしてGPSの表彰台に乗ってくれてこんなにうれしいことはありませんにゃ(´;ω;`)

無良選手が残念だったー!でもSPのフラメンコ、素晴らしかったですね!
スピンやステップでの細かい取りこぼしが無かったらもっと点は出てただろうし
PCSも上がったんじゃないかと思うと、まだまだ演技も成績も良くなるだろうとワクワクします。
FSは6分間練習時に捻挫してしまった影響で勢いが落ちてしまいましたが
捻挫、大丈夫なのだろうか?ちょっと心配です。

スポナビさんのお写真。
なんだかそれぞれの心境が表情に表れているようで、良い写真だなぁと思いました。

KANA2_201610301258069f3.png
(画像 → 坂本清 http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/6797/photo/20952

その他、ミハルやミーシャも頑張れ!!
ていうか放送してくれテレ朝!!!!
真面目なハン・ヤンもなんかいいぞー(笑)

女子シングル結果
KANA3_20161030133354ed6.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpcan2016/CAT002RS.HTM

SPジャッジスコア → ISU GP 2016 Skate Canada International LADIES SHORT PROGRAM
FSジャッジスコア → ISU GP 2016 Skate Canada International LADIES FREE SKATING

KANA4_2016103013430238c.png
(画像 → 坂本清 http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1959/14/

まあだいたい予想通りの結果でした。

優勝はメドベデワ選手。ジャンプ構成(FS)と繫ぎの濃さは相変わらずで、
SPもFSも1位でしたが、FSは後半ちょっと疲れが出たのでしょうか?
2Aが珍しくURになりましたね。でも動画で観る限りでは3S+3Tのセカンドも足りていない気がする…
これはテレビの大きな画面でまた確認してみよう。

2位はオズモンド選手(品があって素敵な演技です♪)で、3位が宮原選手。
本郷選手は6位で永井選手は11位という結果になりました。

今大会は日本の女子選手にとって受難の多いものになりましたね。

永井選手はジャンプを見直しているところで、SPでは悲しい結果となってしまいましたが、
FSは気持ちを奮い立たせて踏ん張ってくれました。
たぶんね、今がいちばんキツイ時期なんだろうと思います。
なんとかここを乗り越えてくれたらいいなと心から願っていますにゃよ。
和猫、もっともっと永井選手の演技を観ていたいと思っているので。

本郷選手もジャンプの回転不足を多く取られてしまって、
プロトコルをみるのがちょっと辛いです…
宮原選手も回転不足で思うように点数が伸びませんでした。
確かにURを取られても仕方のない部分もありますが、それでもちょっときついですねぇ(;´・ω・)

和猫がいつも言いたいのは、厳しくてもいいんです。
ただ、全選手に対して同様であってほしいだけです。

本郷選手のプロトコルでは、珍しいものを見てしまいました。

Rika HONGO
KANA5_20161030142705f9e.png

衣装、小道具違反を付けたジャッジが1人(;´∀`)
「珍しいもの」と書いたけれど、そういえばスケアメでリッポン選手も1人に付けられていたわー。

しかし本郷選手の衣装、どこがいけないの??

KANA6_20161030143626b0f.png
(画像 → http://www.sankei.com/sports/photos/161030/spo1610300008-p8.html

凄く素敵な衣装(*´▽`*)
これが「違反」って意味わかんねー ていうか、何が違反だと思われたのでしょうかね?
採点には影響していないけれど、そう付けられたら変更せざるを得ませんよね。

そういえば宮原選手も「ジャッジに子供っぽい」と指摘されてSPの衣装を変更しましたよね。
子供っぽいって(´・∀・`)ヘー

人の感じ方は千差万別です。
同じものでも子供っぽいと思う人もいれば、ステキだなと思う人もいる。
違反でもないのに、そんな主観を押し付けられましてもねぇ…
そして、そんなことで万が一、成績にまで影響してはかないませんので、
当然衣装変更となってしまうわけです。

宮原選手はスケカナ前から衣装の件があって、そしてジャンプの回転不足(これは仕方無い部分もあります)
さらにFSのステップがノーカン判定になっちゃいました。

これは恐らく、技術の問題ではなく、氷面を十分に使えていないというアレですよね。

テクニカルパネルハンドブックより。
KANA7_20161030145147ad5.png
http://www.jsfresults.com/data/fs/pdfs/comm/2016hb_single_0810.pdf

何年か前に今井遥選手が上記の理由でステップがノーカンになってしまったことがありました。
宮原選手もこれ以外に考えられないです。

しかし濱田コーチの談話によると、何人かのスペシャリストに見てもらっていたのに…ということです。

朝日新聞、後藤記者のTweetより。






JOでもUSインターナショナルでもレベル4で、GOEも1.4点ついていたステップが突然ノーカン判定になる恐ろしさ…
そりゃあ選手もコーチも困惑しますよね。

同じルールに基づいて、同じ競技をやっているのに、
ジャッジや大会でゴールポストが動くみたいに基準が変わってしまってはたまりません。
そういう曖昧さは以前から多々あるけれど、五輪プレシーズンに突入していろいろ迷走が始まっている印象です。

せめてジャッジ間である程度は基準を明確化、統一化してくれないと、
対策を立てても立てても、それでは足りないってなっちゃいますよね。

和猫だったら、やってられねー!というところですが、
選手の皆様は素晴らしいです。「原因が何かを理解して、次につなげたい」って(´;ェ;`)

そして今回のスケカナ判定を見て思ったのは、
ステップについては真央さんも、もしかしたらノーカン判定をくらってしまう恐れがあるかもです…
そのあたり、見直しで恐らく改善されると思うけれど。

そうそう!FSで、日本の女子選手は3人とも白いお衣装でしたね♪
皆様、それぞれ似合っていて可愛いです(*´▽`*)

KANA8.png
(画像 → http://www.sankei.com/sports/photos/161030/spo1610300008-p1.html

KANA9.png
(画像 http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1959/19/

宮原選手は採点はどうあれ、演技は美しくてうっとりしてしまいました。
次戦は今回の課題をクリアして、ぜひ優勝して欲しいですね!NHK杯だしね。

おまけ♪
テレ朝の加藤さん、メドベデワ選手へ「ユーリ!!! on ICE」のグッズを無事に渡すことが出来たようですにゃ(*´▽`*)








喜んでもらえてよかったですねぇ♪


2016_07
02
(Sat)17:05

GPSアサイン発表、他

2016/2017シーズンのGPSアサインが発表されました!
以下、リンクです(PDFファイル)

  → 男子シングル
  → 女子シングル
  → ペア
  → アイスダンス

男子シングルと女子シングルを抜粋し、日本の選手は赤枠で囲っています。

★男子シングル
GP1.png

★女子シングル
GP2.png


我らの真央さんは、第1戦のスケートアメリカ、そして第4選のエリック杯ですにゃヽ(^◇^*)/
真央さんのGPSといえばNHK杯が真っ先に思い浮かぶけれど、
エリック杯に出場するのは実に6年ぶりなのだそうです。

真央さんがNHK杯にいないのは寂しい気持ちもあるけれど、
このローテーションはなかなか良い選択なんじゃないかと思います。

こうやって眺めてみると、初戦のスケートアメリカがめっちゃ楽しみなんです♪
男子シングルでは村上選手と宇野選手が出場するし、女子は真央さん以外に佳菜子ちゃんと三原選手も!

今季は若手が続々と(;´∀`)
エリック杯では山本草太選手と樋口若葉選手もエントリーしているし、
若葉ちゃんと仲良しでセーラームーンなメドベデワ選手もいますねー!

平昌五輪に向けて、どんなシーズンになるでしょうか?

◆その他の話題

以下は和猫の独断と偏見で選んだ話題ですにゃ(ノ´∀`*)

①ジャパンオープン出場選手、一部発表

10月1日にさいたまスーパーアリーナで開催されるジャパンオープンの出場選手、
北米と欧州の選手が一部発表されました。

  → JapanOpen2016 出場選手

今年も豪華メンバーになりそうな予感ヾ(*´∀`*)ノ
5月にあったTHE ICEのPRで、真央さんも初戦はジャパンオープンを予定していると話していたので、
真央さんの出場もほぼ決まりですよね。(参考 【フィギュア】真央、今季も初戦は10月ジャパン・オープン

ここでフリーの新プログラムお披露目になるかな?

②今年の全日本フィギュアは大阪

12月22日~25日に開催される全日本選手権!今年は大阪で開催にゃ~ヽ(^◇^*)/

 → フィギュア国内競技会大会要項

和猫、スケジュールさえ整えば、どこかで行けるかも!?
どうしよう!(*´∀`*)

③無良選手のフラメンコプロ!

真央さんのフリーでは、フラメンコが少し入っているということでしたが、
Dreams on Ice 2016で披露した無良選手の新SPがフラメンコで、超絶カッコイイ!と話題ですにゃ!

D1.png
(画像出典 http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1832/7/

曲名とかはっきりわかっていないのですが(^^; 「Farrucas」(振り付けはマッシモさん)という噂…
で、FSが真央さんと同じラフマニノフのピアノ協奏曲だとか!(振り付けはチャーリー)

④実写版セーラームーン

同じくDreams on Ice 2016に出演したロシアのメドベデワ選手がセーラームーンに変身し、
月に変わってお仕置きを! おおおおお(ノ´▽`)

D2.png
(画像出典 http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1832/10/

可愛い!めっちゃ可愛い~!!
アニメの世界から飛び出したみたいですにゃね(*´ω`*)

D3.png
(画像出典 http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1832/11/

これは会場も大盛り上がりだったことでしょう。
DOIの放送はBSフジであるようです。

   ・<BSフジサンデースペシャル>『ドリーム・オン・アイス2016』
   ・7月10日(日) 21:00~22:55

実は和猫もセーラームーンに扮したことがあるという黒歴史がありますにゃ…
むかしむかし、忘年会で和猫の部署では「ムーンライト伝説」を踊ることが決定し、
見事にジャンケンに負けて、セーラームーンを引き当ててしまいました(´;ω;`)

当然ながら、メドベちゃんのように初々しくも可愛くもなく、そりゃあ悲惨な忘年会で、
和猫の忘れたい過去ベスト10に入る出来事ですにゃよ(`艸´;)

⑤高橋大輔さんがダンサーデビュー

 「ダンサー」高橋大輔が誕生

フィギュアスケーターの高橋大輔がダンスに初挑戦する舞台「ラヴ・オン・ザ・フロア」の初日公演を前に、公開ゲネプロが行われた。この舞台は人気ダンサー、シェリル・バークが演出・主演するショーで、高橋は五輪金メダリストのフィギュアスケーター、クリスティ・ヤマグチ、メリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイトと共にダンサーを務める。表現力のあるスケーターとして定評がある高橋は、舞台の上でも華麗なダンスを披露。「ダンサー」高橋大輔が誕生した。<公演日程>6月30日-7月9日 東急シアターオーブ出席者:高橋大輔、シェリル・バーク、クリスティ・ヤマグチ、メリル・デイヴィス、チャーリー・ホワイト ほか



時事通信
〔2016/06/30〕
http://www.jiji.com/jc/article?k=g160455&g=ent 


時事通信さんが配信してくれた動画がけっこう長めでたくさん見られますにゃね!
アイスレジェンドの時の演技が現役の時からさらに磨きがかかっていて凄みを増していたけれど
このダンスをみて納得!素晴らしいですねぇ(*´▽`*)
また新たな「高橋大輔」の誕生ですね。

⑥ジョシュア・ファリス選手が引退

アメリカのジョシュア・ファリス選手の引退が発表されました。
引退の要因は3度の脳震盪のようですにゃ…

脳震盪の後遺症との戦い、ディスレクシアのことなど、icenetworkのインタビューで語っていました。

  → Long battle with concussions ends Farris' career

今後は大学で勉強をしながら、振り付けやコーチをやっていく。
また、音楽療法や脳震盪に苦しむアスリートを支援する活動もやっていきたいとのこと。

スケートが美しく、人を惹きつける滑りをする好きな選手だっただけに残念で仕方ないです。
こんなことがなければもっと活躍できる選手だったのに。
せめてファリス選手の今後の人生が幸福なものでありますように祈りたいです。


最後に、キャシー・リードさんのブログから「水無月‐みなづき」

  → 水無月-みなづき

日本語がどんどん上達していくキャシーさん♪
いただいた日本のお菓子「水無月」について書かれていますにゃね(*´▽`*)

たぶん京都とか関西周辺が限定の風習かも知れないけれど、
6月30日の夏越の祓(なごしのはらえ)の時は、半年間の罪穢れを祓い、残り半年を元気に過ごすために
「水無月」というお菓子を食べるにゃよ。

  → 水無月の由来

「茅の輪くぐり」は有名だけど、お菓子はあまり知られていないんじゃないかなぁ?
和猫の生息地域ではこの時期になると普通にスーパーなどでも売られているので、
30日を待たずに購入して食べたりしていますけどねψ( ̄▽ ̄)ψ

今年も残り半年!
暑い暑い夏もこれからが本番ですが、バテることなく元気に楽しく過ごしましょうヽ(^◇^*)/

minazuki (2)



人気ブログランキングへ