2016_12
24
(Sat)12:05

田中選手SP3位!GO MAO!GO KEIJI!

突如としてやる気を出したフジテレビ。
全日本選手権男子SP、第3グループからLIVE放送で、
TESカウンター設置、妙な煽りも無しで「スポーツ中継」に終始してくれたのは評価に値します。(上から目線)
しかもDボタンを押すと、ジャッジスコアまで観ることができるという細やかさ!

出来ればアイスダンス、ペアも含めて全選手LIVE放送してもらいたいところですが
テレビ局的には頑張ってくれたのではないかと思いますにゃ。

高橋さんのインタビューも良かったし、これからもこの調子でお願いします(*´▽`*)

さてっ!!
夕方まで少し忙しいので、簡単ですが男子SPの感想です。

田中選手やりました\(*T▽T*)/

男子SPリザルト
DEKA2.png
(http://www.jsfresults.com/non_responsive_toppage.htm?figure_top.htm%2CNational/2016-2017/fs_j/nationalsenior/index.htm)

 田中刑事、自己ベスト3位「思い切ってできた」

<フィギュアスケート:全日本選手権>◇23日◇大阪・東和薬品ラクタブドーム◇男子ショートプログラム

 欠場した羽生と同学年の田中刑事(22=倉敷芸術科学大)が“自己ベスト”の85・68点で3位発進した。冒頭の4回転サルコーで着氷が乱れたが、踏みとどまった。その後は観客の手拍子を呼ぶ躍動感あふれる演技を披露。国際スケート連盟(ISU)非公認ながら11月のNHK杯での自己ベスト80・49点を大幅に上回った。「緊張したけど、何とか思い切ってできた。やっと解放感を味わえた」と控えめに笑った。

 トップを突っ走る同じ22歳の羽生がインフルエンザで不在。前日22日には「ユヅ君のいない全日本は想像できない。少しでもいい演技をしたい」と盛り上げ役を誓っていた。トップの無良と約5点差につけたが「トップの得点は見てなかった。フリーでは今年やってきたことを年末の集大成としてやりたい」。好発進の波に乗って、今日24日のフリーで表彰台を狙う。

DEKA1.png
躍動感あふれる演技を披露した田中(撮影・清水貴仁)

日刊スポーツ
[2016年12月24日9時10分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1755941.html 





4Sの着氷はひやりとしたけれど、残りのジャンプをうまくまとめて
ステップでは観客を沸かせる良演技\(*T▽T*)/

全日本表彰台も見えてきましたー!
今日のフリーも落ち着いて、楽しみつつ自分の演技を極めてくれたらいいと思います。

トップは無良選手!!
無良メンコ、めっちゃカッコよかったです~ヽ(^◇^*)/

高さと幅のある豪快なジャンプに加えて、
タップ音のみで刻むステップは無良選手の持ち味をじゅうぶんに発揮できるようになっていて
チャーリーの振り付け凄いと改めて思いました。

細かい取りこぼしが減って来たらもっと点は伸びてくる。
まだまだ伸びしろ十分!

宇野選手はいつもと違って動きが硬い感じがしたのですが
ジャンプのミスが響いてしまって2位発進となりました。
しかしステップやスピンの美しさはやはり群を抜いているので、フリーでジャンプが戻れば結果は変わってきますね。

他にも「何かわからない生き物」の佐藤選手や、
1年で20センチも身長がのびた和猫一押しの島田選手、
社会人スケーター山田選手、ノーミス日野選手、キャシーの振り付け本田選手などなど。
たくさんの選手の演技を観ることができて良かったーヾ(*´∀`*)ノ

◆関連動画

 → 全日本/ 男子SP結果、抽選、女子公式練習 (ユアタイム 高橋さん解説付き)
 → 男子を髙橋さんが解説、女子公式練習 (めざましテレビ)
 → 20161223_2 (無良選手)
 → 20161223 (宇野選手)
 → 20161223_5 (田中選手)

◆関連ニュース

 → 浅田真央ヒヤリ…公式練習で三原舞依とあわや接触 (スポーツ報知)

(一部引用)

 6人が同時に行う公式練習で、浅田は三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=と、リンク中央付近であわや接触しかけてヒヤリ。浅田が横滑りで急ブレーキをかけ、事なきを得た。

 女子SPは13時45分からスタート。真央の滑走順は最後の30番で、17時30分頃に登場予定。

http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20161224-OHT1T50085.html 


 → 真央トリプルアクセル跳んだ! 4年ぶりの日本一へ、本番も決める (デイリー)

(一部引用)

 練習を見守った佐藤信夫コーチは「そんなに追い込めてはいないが、ここにきて本人の気持ちがグッと上がってきた」とうなずいた。トリプルアクセル解禁については「そんなに甘くはない」と、はやる周囲を制しながら「夢と希望を持ってやらないとね」と、当日の状態次第で許可する意向を示した。

 氷上練習後も、併設されているトレーニングルームで約1時間の調整を行った。4年ぶり7度目の日本一、そして18年平昌五輪の国別出場枠がかかる世界選手権代表入りをうかがう。ただ、今は先のことは考えず、目の前のリンクで全力の滑りを見せるだけ。「SP、フリーとも満足のいく演技をしたい」。はじけるような真央スマイルを、きっとみんなが待っている。

http://www.daily.co.jp/general/2016/12/24/0009776217.shtml


いよいよ真央さん!
朝から心臓がドキドキしますにゃ。。。( ̄x ̄;)

マスコミからしつこいくらい3Aのことを聞かれていますが(;´・ω・)
律儀に答える真央さん。

(画像は上記動画からのキャプチャーです)

KEDA3.png
DEKA4.png
DEKA5.png
DEKA6.png


※真央さんの予定構成
DEKA7.png
(http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/7038)


真央さんのやりたいようにやるのが一番だと思います。
悔いの無いように。


GOMAO.png


スポンサーサイト
2016_12
22
(Thu)22:30

真央さん、最終滑走!

本日夕方、全日本SPの滑走抽選会が開催され、
昨年同様に、フジテレビがネット中継をやっていたので和猫も観てみました。

まずは男子から~!

第1~第3グループ
chu3_2016122220470524d.png

第4、第5グループ
chu2.png

小田尚輝選手が1番滑走ですねー(*´▽`*)
友野選手は3番目に出てきます。早い! 今年も山田耕新選手が観られるのがうれしいし、
須本選手、三宅選手、島田選手が続けて出てくる~!!

しかしこの中の誰かをフジテレビが端折ってしまうのかと思うと恐ろしいです。
全選手放送出来ないなら放映権を取るなと、これもまた毎年思っていることですが…

宇野選手と無良選手は第4グループ。佐藤選手も!
日野選手、そして和猫家が全力応援中の田中選手は第5グループですね!
最終滑走は中村優選手ですにゃ。

カメラ目線の田中選手(*´∀`)

chu1.png

羽生選手がインフルエンザのために欠場となりましたが、
世界選手権選考の条件はじゅうぶんに満たしていると思うので、
ここはゆっくり休養して体調を整えてくれたらいいなと思います。

そして女子SP!
真央さんは「30番」。最終滑走を引き当てましたよーw( ̄o ̄)w

第1~第3グループ
chu8.png

第4、第5グループ
maoo.png

坂本選手は3番滑走だー。
今井選手の次が白岩選手になってるし、大庭選手は第3グループ!

第4グループがなんか凄い(ノ´∀`*)
真央さんが大好きだという三原選手は、真央さんと同じグループになって良かったですね!
本田選手もいるし、永井選手もいるよー(*´▽`*)

フジテレビさんお願いです。
全選手放送してください。

真央さん、抽選会の様子♪

ドキドキですー
chu4_20161222211224d74.png
chu5.png

「30番」ひいちゃいました!
chu6.png

chu7.png
chu9.png


公式練習の様子もたくさん記事が出てきていますね!
3Aは練習で1度でも跳べたら入れたいということです。

 浅田真央 復活へトリプルアクセル解禁に意欲「練習で1回でも跳べたら入れたい」

 「フィギュアスケート全日本選手権」(22日、東和薬品ラクタブドーム)

 世界選手権代表最終選考会を兼ねる全日本選手権の公式練習が行われ、11月のフランス杯以来の実戦となる浅田真央(26)=中京大=も参加。今季は慢性的な左ひざの痛みによる調整遅れにより、スケートアメリカ6位、フランス杯9位と苦しんでいるが、この日は連続3回転ジャンプを決めるなど、まずまずの復調気配を見せた。

 今季まだ試合で挑んでいないトリプルアクセルにも挑戦。4度挑み、完ぺきな成功こそなかったが、入念に調整した。「今季で1番いい調子がいい。トリプルアクセルは全日本で跳ぼうと思って練習してきた。明日、明後日の練習で1回でも跳べたらいれたい」と、試合での投入にも意欲を見せた。

 同じ班では3連覇の懸かる宮原知子(18)=関大=、世界ジュニア女王の本田真凜(15)=関大中=も調整。宮原はGPファイナル2位の勢いそのままに、連続3回転ジャンプを決めるなど好調を持続。ジュニアGPファイナルをインフルエンザで欠場した本田も、キレのある動きを見せた。

CHU10.png
公式練習で調整する浅田真央=東和薬品RACTABドーム(撮影・持木克友)

デイリー
〔2016.12.22〕
http://www.daily.co.jp/general/2016/12/22/0009772259.shtml 


こちらは日刊スポーツさんにUPされていたお写真。
張り詰めた緊張感の中で、見据えるものはただひとつ。凛とした表情の真央さんです。

CHU11.png
全日本選手権を前に練習を行う浅田(撮影・清水貴仁)
http://www.nikkansports.com/sports/photonews/photonews_nsInc_1755251-0.html

被写体の一瞬の表情、動き、まなざしを捉えるカメラマンの目線で真央さんを語る、
とても素敵な記事がスポニチアネックスに掲載されていました。

 全日本お留守番日記 カメラが彼女に恋をした

 【長久保豊の撮ってもいい?話】

 カメラも恋をする、と言ったら驚くだろうか。冷徹な機械、ICてんこ盛りでいまや家電製品のようになってしまったカメラに感情の入る余地などあるはずがない。だがボクの愛機はスケートをする彼女にいちずな思いを抱いている。明るく照らされた本番の衣装は当然のように、暗い室内、コントラストのない地味な練習着の彼女にさえも、その姿を追いピントを合わせ続ける。他の選手とは合焦率(ピントの合う確率)が違う。カメラのやる気が違うのだ。だがキヤノンであれニコンであれ彼の恋敵は多いようだ。「実はオレのカメラも」という同業者は数知れず。

 「真央ちゃんはピント合うんだよなあ」

 そう、片思いのお相手は浅田真央選手である。

 恋の動機は単純なもの。彼らのAF(オートフォーカス=自動焦点)機構は被写体の上下左右の細かなブレを嫌う。体軸のしっかりした滑らかなスケーティング。浅田選手やイタリアのカロリーナ・コストナー選手こそが彼らの好みなのだ。

 15歳、ピアノの鍵盤の上を弾むように跳び、GPファイナルを制した真央ちゃん。

 今は五線譜の上を滑らかに、時として激しく、隠れた音さえも表現していく浅田選手。スポーツと芸術性の両立がフィギュアスケートの原点、その比重が時の流れとともに変わっていくのは自然なことだ。

 GPシリーズ・フランス大会以来、彼女についてさまざまな臆測の類いが飛んだ。だがカメラという機械はそのスケーティング技術がいまだに世界トップであるという事実を語る。

 全日本選手権はボクとボクの愛機は東京でお留守番。同業のライバルたちは今季の印象的なアイラインメークを強調した写真、ステップの振り返りをアップで狙う(こう書くとライバルたちも狙いづらいはず。これも老かいなテクニックの一つ)であろう。カメラに愛される浅田選手だからできる撮り方だ。演技後の彼女には笑ってほしいが、写真は再来年まで待ってほしいというのが、留守番カメラマンとわが愛機の本音だ。

 2012年、フランス・ニースでの世界選手権を取材した。そこには練習、本番を通じて連続56回、トリプルアクセルを失敗する浅田選手の姿があった。だがボクの愛機が心を奪われ、いちずな思いを寄せるようになったきっかけはそれではない。抜けてしまったジャンプや氷に叩きつけられるような激しい転倒にも心折れずに56回、立ち直った姿だ。

 だから彼女は大丈夫、きっと大丈夫、絶対大丈夫。何度でも何度でも立ち上がると愛機が言う。

 ボクもそう思う。(編集委員)

 ◆長久保 豊(ながくぼ・ゆたか)1962年生まれ。缶チューハイ2杯でニースの世界選手権を2時間語れるが、3杯目で話がくどくなり、4杯目で酩酊する54歳。

CHU12.png
昨季のプログラムより。アクセルジャンプに入る直前の浅田選手。アスリートの厳しい視線が美しい
Photo By スポニチ

スポニチアネックス
[ 2016年12月21日 09:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/12/21/kiji/20161220s00079000197000c.html 



何度も何度も立ち上がる真央さんを、これまでも幾度となく見守ってきました。
これからも、いつだって見守っていますにゃよ(*´▽`*)


2015_12
27
(Sun)21:50

全日本選手権 女子の結果

真央さーーーーーーーん!!!!\(*T▽T*)/


 宮原知子が2連覇、浅田真央は3位 全日本フィギュア

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日が27日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナであり、女子フリーはショートプログラム(SP)首位の宮原知子(大阪・関大高)が目立ったミスをせずに滑りきって139・59点、合計212・83点で2連覇を飾り、世界選手権(2016年3月、米・ボストン)代表を決めた。

SP5位と出遅れた浅田真央(中京大)は冒頭のトリプルアクセルで転倒したが、その後は立て直し、131・72点、合計193・75点で二つ順位を上げて3位に入った。

 前回は13歳で3位だったSP3位の樋口新葉(東京・開智日本橋学園中)は127・87点、合計195・35点で一つ順位を上げて2位。SP2位で前回2位の本郷理華(邦和スポーツランド)は合計193・28点で4位、14歳でSP6位の白岩優奈(京都醍醐FSC)は計186・33点で5位、SP4位のソチ五輪代表・村上佳菜子(中京大)は計181・58点で6位だった。

 ペアはSP首位の須藤澄玲、フランシス・ブードロオデ組(神奈川FSC)、アイスダンスはショートダンス首位の村元哉中、クリス・リード組(木下クラブ)が優勝した。

朝日新聞
〔2015年12月27日19時46分〕
http://www.asahi.com/articles/ASHDW4K0FHDWUTQP014.html 



女子 - Free Skating Results
JP16.png
(http://www.jsfresults.com/National/2015-2016/fs_j/nationalsenior/data0205.htm)


女子 - 最終結果
JP17.png
(http://www.jsfresults.com/National/2015-2016/fs_j/nationalsenior/data0290.htm)




真央さん、よく頑張った!! さすが真央さんヽ(^◇^*)/
演技後のこの表情(´;ェ;`) いちばんキツかったのは真央さんですよね。

真央さんのことをメンタルトレーナーをつければとかいう意見もあるようですが
和猫はそう思いません。真央さんはもともとメンタルが強い人だし(でないと“浅田真央”なんてやってられません)
それに真央さんの心の中を整えるのは、真央さん自身にしか出来ないのです。
天才ってそうなのよ・・・ 

JP11.jpg
(画像 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000094-dal-spo.view-000)


大きな真央カラーの花束をいただいたのですね(*´▽`*) 素敵な花束♪

JP13.png
(画像 → http://sports.yahoo.co.jp/photo/figureskate/all/dtl/1627/10/)

ほら!きましたよ!!真央さんの笑顔~(*´▽`*)
この笑顔が見たかった♪


JP10.png
(画像 → http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151227-OHT1T50107.html)


真央さんのコメントです。

 浅田真央は3位 「今できることはできた」=コメント

(一部抜粋)

以下、浅田のコメント。

 終わった瞬間は「全日本が終わったんだな」と思いましたけど、今シーズンでは一番良いフリーができたので、自分自身では課題はありますけど、今できることはできたのかなと思います。

――最初の2つのジャンプは悔いが残るのでは?

 それが経験として次につながると思いますし、冒頭のミスはありましたが、他の要素はできることをすべてできたと思います。

――NHK杯ではミスを引きずったと言っていたが。

 それは気持ちの部分だと思うので、今日の朝からは気持ちの持っていき方が変わって、こういう持っていき方で臨めば、体がスムーズに持っていけるかなというのはありました。良い経験として、生かしていければいいなと思います。

――具体的には?

 自分の弱いところ、マイナスなところは気持ちが引けてしまう部分だと思うので、それを今回先生と話して、それを今日の朝から意識してやっていたんですけど、自分の中でも手応えがあったので、忘れずにやっていきたいと思います。

――次に向けては?

 今日に関しては代表とかではなく、自分の演技をすることだったので、発表があっても決まっていないので、しっかり考えて、自分が本当に出たいという気持ちがあれば出たいです。

――次にどうつながる?

 まだ考えていないのでなんとも言えないんですけど、今回のフリーに関してはミスがありながらも、他の面では自分の演技ができたので、満足はしていないけど、しっかりとできたと思います。

――アクセルに関しては?

 気持ちの持っていき方は良かったと思うので、この失敗に関しては「失敗しちゃったな」とは思いませんでした。しっかり回って失敗したので悔いはなかったし、次に切り替えられました。

――今回の全日本は今までとどう違った?

 小学校6年生から出ているので、いろいろあったんですけど、この全日本は気持ちも状況も違うので、1つ1つすべて違うのかなと思います。

――終わった瞬間、目がうるんでいたように見えたが?

 いろいろ考えることはあったので、とりあえず今は自分のできることはできたと思うし、1歩1歩ですね。

スポーツナビ
〔12月27日(日)20時49分配信〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000104-spnavi-spo 


JP9.png
(画像 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000103-spnavip-spo.view-000)


真央さん、3Aと2A+3TのセカンドがURになりましたが、
なんと!なんと、なんと~!

3Lz認定!!しかもGOE 0.4点付きましたあああああああ!!!!


苦手なはずのルッツが救世主という・・・
いやもう何かしら必ず驚かせてくれる真央さんです( *´艸`)


佐藤先生のお話です。


 よみがえった真央に佐藤コーチも安堵「自信喪失状態だった」

(一部抜粋)

不死鳥のようによみがえった浅田の笑顔に最もホッとしていたのは佐藤信夫コーチ(73)だった。「ここまでしばらくミスばっかりだったので、本人が悩んでました。やっと気持ち良く年を越せるのでは」と心中を思いやった。

 復帰初戦となったグランプリ(GP)シリーズの中国杯で優勝した後に襲った不振や、前日のSP後に浅田が見せた落胆の色について、佐藤コーチは「(バンクーバー五輪以降では)初めての自信喪失状態となっていた」と明かした。そして「1年間のブランクがあって(初戦は)とんでもなく緊張したと思う。その後は守りに入ったのかな」と分析。打開策としては「(本人と)いっぱい話をしたが、一言でいえば『やればできるんだよ』ということ。本人が乗り越えるしかなかったが、今日は完璧じゃないにしても、それなりのスケートができた」と語った。

 佐藤コーチは最後に自身の今年1年間を振り返ってと問われ、「いくつになっても勉強せよ、ということかな」と答えて笑いを誘った。

JP15.png

デイリー
〔12月27日(日)21時12分配信〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000103-dal-spo 




宮原選手も優勝、2連覇おめでとうございます!!
もうね、うっとりするようなステキなリストの「ため息」でした(*´▽`*)

JP12.png
(画像 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00050056-yom-spo.view-000)


樋口選手もおめでとうござます(*´▽`*)

n_502593598.jpg




羽生選手、宇野選手、
宮原選手、本郷選手、そして真央さん、世界選手権出場となりました!

女子3名は四大陸選手権にも出場するのですね。
男子は宇野選手、無良選手、田中選手のようです♪ 田中選手!!!!


良い笑顔♪

JP14.png


他の選手の演技のこともいろいろ話したいけれど、今夜はこれまで(笑)


選手の皆様、素晴らしい演技をありがとうございました。
お疲れさまでした(*´▽`*)



人気ブログランキングへ
2015_12
27
(Sun)11:10

全日本選手権 女子SP&男子FSの結果

全日本選手権女子SPの結果です。
真央さん~~~~~!


 宮原首位、浅田5位…全日本フィギュア女子SP

 フィギュアスケート・全日本選手権第2日(26日・北海道真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)――女子ショートプログラム(SP)は、今季グランプリ(GP)ファイナル2位で、大会連覇を狙う宮原知子さとこ(大阪・関大高)が、73・24点で首位スタート。

 2位に68・39点の本郷理華(邦和スポーツランド)。14歳の樋口新葉わかば(東京・開智日本橋学園中)が67・48点で3位につけた。4位に66・02点の村上佳菜子(中京大)。3年ぶりの女王返り咲きを目指す浅田真央(中京大)は、62・03点の5位と出遅れた。

JP4.png
女子ショートプログラムで首位に立った宮原知子の演技(26日)=守谷遼平撮影

読売新聞
〔2015年12月26日 18時23分〕
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20151226-OYT1T50102.html?from=ytop_photo 



女子 - Short Program Results
jp6.png
(http://www.jsfresults.com/National/2015-2016/fs_j/nationalsenior/data0203.htm)


真央さん、TV放送を見る前に結果を見ていたのでどんな演技になったのかと心配していたら
各メディアの記事が煽るほど悪い内容ではなかったと和猫は思いました。

3Aはほんの少し勢いがなくて回転が不足しただけで転倒でもなかったし
3F-2Loは3Fが綺麗すぎた?!というか勢いが良くて2Loに繋げられなかったように見えました。
これは3-3のままでも良かったのではと思うくらい(^^;
最後のジャンプ3Loは美しかったし、ステップ&スピンの安定感は相変わらず♪

NHK杯、GPFとみてきて、つくづく歯車の問題だなぁ~と感じます。
あと1歩のところまできているのにそこがうまく噛み合うのがいつなのか、真央さんもファンも
ここは辛抱強く待たないといけないと思いました。

佐藤先生もおっしゃっていましたよね。待ってあげなければいけないって。
和猫もそう思います。今がいちばん忍耐の時なんだろうなと。

各選手のコメントです。

 全日本フィギュア・談話

◇目標達成できた
 宮原知子 ここで悪い演技をしたくないという気持ちが強かった。SPで70点台という目標を達成できた。フリーも納得のいく演技をして、2015年を気持ち良く終わりたい。

◇一つの過程
 浅田真央 自分が思うように滑れていない。解決方法を見つけられていないからこうなる。追い詰められたときに自分の力を発揮できることが多いので、これも一つの過程としてとらえたい。

◇思い切り心掛けた
 本郷理華 練習してきたことを出せた。ロシア杯で丁寧にやり過ぎたという反省があったので、思い切ってやることを心掛けた。一つ一つ(の動き)が止まらないように、滑らかにやった。

◇表現力出せた
 樋口新葉 ミスは少しあったが、この演技で(高い)点数が出てうれしい。得点は想定以上。100%を出したつもり。今年磨いてきた表現力を出せて、すごくよかった。

時事通信
〔2015/12/26-18:24〕
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015122600128 



宮原選手は安定感の中に少し余裕も出てきて、表現力が素晴らしく向上してきましたね!
自信も出てきているようだから、今日のフリーも素敵なリストを見せて欲しいです。

本郷選手もきっちりとジャンプを決めてきて良かったです(*´▽`*)
でも、細かい所作がシーズン当初よりも乱れがち?になっている感じがするので
もう少し美しさを心掛けるともっと素敵な演技になるんじゃないかな?と思いました。
今でも観客を惹きつける力があるのだから、勿体ないと思いましたにゃ。

樋口選手も元気いっぱいの良い演技を見せてくれてうれしかったです。
ジャンプの勢いがいいですねぇ♪


こちらは真央さんのコメント詳細です。
真央さん(´;ェ;`)


 SP5位の浅田真央「気持ちが下降気味」=全日本フィギュア

(一部抜粋)

(演技の感想は)
自分の思っていたように滑ることができていないので、「う~ん」という感じです。

(思ったような演技ができない理由は)
これが試合の難しさなのかなと感じています。試合と練習で違いますし、1年間休んでいたこともあったので、試合への気持ちの持っていき方が自分としてもどうなのかなと感じています。自分としては変わりなくやっているつもりなんですけど、何か感じているのかなと思います。精神状態をいつも通りにするようにしているんですけど、うまくいっていないです。

(演技の構成を変えているが)
今できるレベルを落として臨んだ試合だったので、ミスなくやりたかったんですけど、それができなかったのは残念です。

(世界選手権の選考も懸かっているが、フリーに向けては)
選考に関しては意識していないんですけど、自分の思う演技ができていないので、まずは自分の滑りをできるようにしたいです。

(トリプルアクセルは)
6分間練習でも決まっていないので、本番でも回転が足りない感じで下りてしまったのかなと思います。

(気持ちの面で違和感はあった?)
うまくいかない試合が続くと良いイメージでなかなか持っていくのが難しいですね。シーズン序盤は調子が良かったので、初戦と今では自分の気持ちが違うと思うので、まずはそこが1つの原因かなと思います。解決方法を見つけていないので、もやもやする気分もあります。

(モチベーションに変化は)
今シーズン復帰して、初戦は久しぶりの試合でワクワクする気持ちの方が大きかったんですけど、試合を重ねていくにつれて、気持ちが少しずつ薄れていき、自分の思っている演技ができないということが続いているので、考えてしまうことが大きくなって、モチベーションというよりは自分の気持ちが下降気味に入っているかなと思います。

 ただ、自分は追い詰められたときは自分の力を発揮できることが多いので、これも1つの経験として、過程としてとらえていきたいなと思います。明日のフリーは、課題が多いんですけど、1つ1つのエレメントをしっかりこなしながら、自分のスケートをしたいと思います。

JP5.png
キス&クライで手を振る浅田。左は佐藤コーチ【坂本清】

スポーツナビ
〔12月26日(土)18時28分〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000101-spnavi-spo 



こんなに元気のないコメントをあまり聞くことがなかったので心配は心配なんですけど。。。
でも最後は「自分のスケートをしたい」と話しているので、気持ちをうまく切り替えることが出来ればいいなと思います。

GPFの時にSPの結果が悪かったワグナー選手がFSで良い成績を残すことが出来たのは
友人であるリッポン選手の「君はスケートが好きって言ったじゃないか。その好きって気持ちだけで滑ればいい」
というアドバイスがあったからだそうです。

今、和猫も真央さんに同じ言葉を贈りたいです。

スケートが好きだっていう気持ちだけで滑ればいいよ♪


JP3.png


男子の結果です。

男子 - Free Skating Results
jp7.png
(http://www.jsfresults.com/National/2015-2016/fs_j/nationalsenior/data0105.htm)

男子 - 最終結果
jp8.png
(http://www.jsfresults.com/National/2015-2016/fs_j/nationalsenior/data0190.htm)


あまり細かく書いている時間が無いので結果だけ(^^;


和猫は田中刑事選手の大躍進に大喜びですにゃヽ(^◇^*)/


心配なのは村上選手です(´;ェ;`)
足の調子はどうなんでしょうか?


 【フィギュア】村上「演技中はパニック状態」214・56点に終わる

(一部抜粋)

午後の公式練習中に、村上と羽生結弦(21)=ANA=が衝突するハプニング。大事にはいたらず、2人は起きあがると笑顔で握手を交わした。その後もリンクサイドで言葉を掛け合い、互いを気遣った。

 しかし村上は、大技でミスが重なり残念な結果に終わった。

 村上大介「公式練習で(衝突して)左膝の痛みが出てきた。あまりそのことは考えずにやっていたが、最初のトリプルアクセルで転倒して、また膝を痛め、演技中はパニック状態だった」

スポーツ報知
〔2015年12月26日21時42分〕
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20151226-OHT1T50188.html 



羽生選手も連戦の疲れもあったかもしれないけれど、珍しく3Aを転倒したりしていましたし
お互いに衝突の影響もあったのでしょうか?

フジの放送のことや、真央さんが演技後にキスクラで観客の皆様にお辞儀したときの写真を
「うなだれた」写真と掲載しているメディア、30秒ルール、公式練習の時の人数のことなど
言いたいことが山ほどあるにゃけれども、残念ながら今日は書いている時間がない・・・

ので、またいずれ書きますにゃ(`・ω・´)ゞ


真央さん!フリーも頑張れ!!



真央さん全力応援!




人気ブログランキングへ


2015_12
26
(Sat)10:05

全日本選手権 男子SPの結果

全日本選手権の男子SP結果ですヽ(^◇^*)/


 V4へ羽生SP首位 全日本選手権

 フィギュアスケートの全日本選手権が25日、世界選手権(来年3〜4月、米ボストン)などの最終選考会を兼ねて、札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕した。男子のショートプログラム(SP)は、グランプリ(GP)ファイナル覇者で大会4連覇を狙う羽生結弦(ANA)が102.63点をマークしてトップに立った。4回転サルコウで転倒し、自身が持つ世界歴代最高の110.95点には及ばなかった。

 GPファイナル3位の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)が97.94点で2位につけ、無良崇人(洋菓子のヒロタ)が93.26点で3位に続いた。4位は村上大介(陽進堂)で83.49点、5位は小塚崇彦(トヨタ自動車)で78.19点、6位は田中刑事(倉敷芸術科学大)で74.19点。

 ペアのSPは須藤澄玲(すみれ=神奈川ク)、フランシス・ブドローオデ(カナダ)組がトップ。アイスダンスのショートダンスは村元哉中(かな)、クリス・リード組(木下ク)が首位発進した。

 男子フリー、女子SPは26日に行われる。

 ○…初出場でトップ発進したアイスダンスの村元・リード組。「最初は少し緊張していたが、曲が鳴ったら大丈夫と感じた」と村元。明るい曲調に乗せて、テンポ良くステップを刻んだ。課題としてきた技術点も、すべての要素の出来栄えで加点を引き出し31.40。国際スケート連盟の公認大会でないため非公式ながら、同連盟が世界選手権の出場条件として定める29点を超えた。「(最低技術点を)超えられたことは良かった。フリーも一つ一つ丁寧にやっていきたい」と気持ちを一つにした。

毎日新聞
〔2015年12月25日 21時30分〕
http://mainichi.jp/articles/20151226/k00/00m/050/111000c 



順位の詳細はこちら♪

男子SPの結果
キャプチャ
(http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/5496)


と、スポナビのサイトを貼ってみて思った。
全日本はいつもプロトコルが出るのが遅かったですね(;´Д`)

ジャッジスコアが見られないのでこちらも貼っておきます。

男子 - Short Program Results
jp1.png
(http://www.jsfresults.com/National/2015-2016/fs_j/nationalsenior/data0103.htm)


羽生選手がひとり100点超えの1位です。
4Sで転倒がありましたが、回りきっての転倒なので最低限の減点だけで済んだのは良かったと思います。
その後の4T+3Tも3Aも加点ががっつり貰えるようなジャンプでしたし、
点数が高すぎるとかも言われているようですが、和猫はGPFからの採点から考えると妥当なんじゃ?と思いますにゃ。

NHK杯 → GPF とノーミスできて、今回は転倒がありましたが
ショパンの「バラード1番」としては今回がいちばんよかった気がします。

今日のフリーはジャンプも修正をかけてくるでしょうから、どんな演技になるか楽しみですにゃ!


宇野選手も素晴らしかったですねぇヽ(^◇^*)/
練習で少し調子が悪そうだったからドキドキしたけれど、しっかりまとめてきたのは良かったです♪
本人は「まだまだ」と話していたけれど、見ているほうは盛り上がりましたにゃ~!

なんかね、だんだんと力強く、そしてカッコよくなっていきますにゃね(*´ェ`*)
昨年までジュニアだったとは思えない表現力に釘づけになります。


3位の無良選手も良かった~~~~!
怪我もよくなって滑り込むことが出来たんだなぁ~って思えるほどよく滑っていました。
そのおかげてステップも見応えあって良かったし、
あの3Aの高さがもう凄い! ハンヤン選手と並んで一斉に跳んでもらいたい(笑)

フリーも良いプログラムになっているのでまたノーミス演技が見られるといいなと思います。


そして村上選手~~!
3Lz+3Loが入らなかったのがほっんと勿体なかった・・・(^^;
それでもきっちり2Tを付けられたのが良かったです。4Sと3Aは綺麗だったし、
それにしっとりとした柔らかい滑りから優しさが伝わってきて、和猫は村上選手の演技にいちばん感動しました♪

小塚選手は5位ですね。
怪我の影響があってなかなか結果が出せない試合が続き我慢の連続だったけれど
今回はようやく復活の兆しが見えはじめたかな?というSPでした。

今季3度目のくるくるぽん♪

jp2.png
(画像はこちらの動画より → http://www.dailymotion.com/video/x3jepj0_takahiko-kozuka-2015-japanese-nationals-sp_sport)


和猫家で全力応援中の田中刑事選手は4Sが2Sになってしまって6位スタートとなりましたが
その他の演技は持ち直すことが出来て良かったですにゃヽ(^◇^*)/
フリーも頑張れ!


番組の途中ですがここで田中選手のプチ情報です。

    趣味 → 机周りの整理整頓
    特技 → 家事

そういえば以前読んだインタビューでは餃子をよく作ると話していましたにゃ。

うちに来てくれ!!!!


そんな田中選手は昨年の全日本、まっちーと一緒に帰る約束をして待っていたんですよね。
まっちーに「見ててね」と言われたからリンクサイドで見ていたら引退発表だったのでびっくりしたと。
一緒に帰るときもショックであまり話せなかったけど、まっちーからはやりきった感じがしたと話されていました。

あれから1年・・・

よく頑張りましたよね。


上位選手の他にフジが放送してくれた選手の中で和猫が印象に残ったのは~
島田高志郎選手と山本草太選手かなぁ?

日野龍樹選手もベストの演技が出来て良かったですよね(*´▽`*)


フジの放送にははじめから期待なんてしていなかったけれど、
この奇妙なランダム放送、ストレスが溜まるにゃ( ̄- ̄メ)



さあ!今日は真央さんのSPです(*´▽`*)


「自分の演技をすることが一番。パーフェクトにすることがパーフェクト」


FotorCreated.jpg




人気ブログランキングへ