flower border

ひねもす

縁側にて終日のたりと過ごす和猫のブログ

【雑記】6月16日は和菓子の日

6月16日は和菓子の日ですヾ(*´∀`*)ノ「和菓子の日」の由来全国和菓子協会のHPによると、『西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元した』ことがもともとの由来だそうです。朝廷における儀式が鎌倉時代、室町時代を経て、慶長年間には豊臣秀吉が恒例行事として行っていた記録が残っているそうです。江...

【雑記】桜餅

本日3月25日から、七十二候では「桜始開(さくらはじめてひらく)」になります。いよいよ桜の季節ですねヾ(*´∀`*)ノ桜の季節の代表的な和菓子といえば、なんといっても桜餅です。桜餅にはよく話題に上がるように、関東風の「長命寺」と関西風の「道明寺」がありますよね。関西風の桜餅関東風の桜餅皆様はどちらに馴染みがありますか?和猫の中で桜餅といえば、道明寺粉を使用したお米の粒感が残るお餅風のものであって、小麦粉生地...

【雑記】花びら餅

お正月にいただく御祝いのお菓子として人気の花びら餅。白くて丸いお餅(または求肥)の上に紅色のお餅を重ねたものを半分に折りたたんで、中には白味噌の餡と牛蒡が挟んであるものが一般的かな?と思います。白いお餅の内側から薄っすらと透けて見える紅色が綺麗ですよね。下記は、和猫が近所の和菓子屋さんで購入した花びら餅です。こちらの花びら餅には、牛蒡だけでなく人参も挟んでありました。人参が挟んであるものを食べたの...

【雑記】埋れ木

“いと重菓舗”の「埋れ木」は、彦根藩第13代藩主である井伊直弼公が青年時代を過ごした「埋れ木舎(うもれぎのや)」に因んで名づけられた、ひこにゃん (=^. .^=)のお膝元である彦根の銘菓です。いい塩梅に仕上げられた白餡を包む柔らかい求肥。求肥の上に満遍なく振り掛けられている、抹茶を混ぜ合わせた和三盆が口の中で溶けていく感じがたまらんのです(´∀`*)抹茶、緑茶、それからコーヒーにも合う優れもの。紅茶は試したことが...