2016_04
18
(Mon)19:00

行ってらっしゃい

昨日17日のスターズ・オン・アイスが現役スケーターとして最後の演技となった
小塚崇彦さんの記事がいくつか配信されていましたにゃ。

最終演目は「エピローグ」。


 小塚崇彦が涙のラストダンス

 フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪代表で、今季限りでの引退を発表した小塚崇彦(27)=トヨタ自動車=が17日、都内で行われたアイスショー「スターズ・オン・アイス」の東京公演に出演し、現役“ラストダンス”を舞った。

 最後の演目は、坂本龍一の「エピローグ」。白いシャツ、黒のパンツ姿でしっとりと滑りきった小塚は、スタンディングオベーションを受けると、こみ上げるものを抑えきれず、目頭を押さえた。

 浅田真央、高橋大輔、織田信成、鈴木明子、村上佳菜子ら同じ時代を戦ってきた仲間たちに見守られながら、マイクの前にたった小塚は「本当に楽しいスケート人生を歩めました。そして何より、ここに一緒にいてくれるみんなと同じ時代を過ごせたのは本当にいい思い出になりました。これからは皆さんと一緒に、一ファンとしてフィギュアスケートを応援していきたいと思います」と、最後のあいさつ。その後、選手生活を支えてくれた佐藤信夫、久美子コーチが登場。いつもの演技前のように、信夫コーチから背中をポンと叩かれる儀式で、新たな人生へと送り出された。

 今後はトヨタ自動車の社員となり、スポーツ関連の仕事に専念する。氷上を下りた小塚は、信夫コーチとの“儀式”に「『これから社会人として頑張ってらっしゃい』と、いつものように送り出していってくれた…頑張っていこうと思います」と、涙ぐみながら言葉をつづった。そして、将来に向けて「まずはゼロからですけど、しっかり頑張っていきます」と、新たな人生を見つめた。

koo.png
佐藤信夫コーチから激励される小塚崇彦(C)ジャパンスポーツ/TBS

デイリー
〔2016年4月18日〕
http://www.daily.co.jp/general/figure_skating/2016/04/18/0009000963.shtml 



 小塚崇彦さんが涙のラスト演技「ああ終わった」

(一部抜粋)

小塚 本当に大変お世話になっております。トヨタ自動車所属からトヨタ自動車の小塚崇彦になりました。本当に23年間、ありがとうございました。本当に楽しいスケート人生を歩めました。そして何より、ここに一緒にいてくれるみんなと同じ時代を過ごせたのが本当にいい思い出になりました。ありがとうございました。先生もそうですし、両親もそうですし、何よりもファンの皆様がこれだけ応援してくれたのでここまで続けてこられたと思います。これからは皆さんと一緒に、一ファンとしてフィギュアスケートを応援していきたいと思います。よろしくお願いします。ありがとうございました。

小塚 どこまでいっても緊張するんだなというのが正直な気持ち。緊張しながら滑って、終わって、終わったときは「ああ終わった」と息が抜けて、ふっときたものがあったが、それ以上にお辞儀して頭を上げた瞬間にたくさんのファンの人たちが拍手をしてくれたので、それでうるっときた。そんなに泣く方ではなかったですが、最近年も取って涙もろくなったのか、本当にこれで終わりなんだなと…。すごく気持ち良く滑ることができて良かったです。

koo1.png
ファンに手を振る小塚さん(ジャパンスポーツ/TBS提供=共同)

日刊スポーツ
〔2016年4月17日22時7分〕
http://www.nikkansports.com/sports/news/1633428.html 



ニュース番組でもとりあげていただいたようで、動画もUPされていましたにゃ。
動画2本お借りします。

  → 2016 0417 現役引退

koo2.png
koo3.png
koo4.png

真央さんや織田くんら、たくさんのスケーター仲間から見送られて
恩師である佐藤先生から最後のくるくるぽん!

→ 2016 0417 最後のくるくるぽん

koo6.png
koo5.png
koo7.png
koo8.png
koo9.png

こちらは16日にUPされた小塚さんのインスタグラムから。
さりげなく追加されているタグ「#永遠の #3BK」が涙を誘いますにゃ。

明日ラスト〜 #織田さん、 #写真は #食べ終わってからね #焼売入りっぱだよ #永遠の #3BK

小塚崇彦さん(@takakozuka)が投稿した写真 -





楽しいスケート人生を歩むことが出来たと語ってくれた小塚さん。
これからが、人生の本番ですね。
今後のご活躍を心よりお祈りしておりますにゃ。

「行ってらっしゃい」という言葉には、
「安全に出かけて、そして無事に帰ってきて欲しい」という願い、引き戻しの言霊が込められています。

だから、和猫も言います。


小塚さん、行ってらっしゃい!



フィギュアスケート ブログランキングへ


スポンサーサイト
2016_03
15
(Tue)22:25

小塚選手が引退

小塚選手が・・・引退(´;ω;`)
だあああああああああああああああっ(TT▽TT)


     小塚選手のブログ → ありがとうございました


 フィギュア小塚崇彦が現役引退

 日本スケート連盟は15日、フィギュアスケート男子で、10年バンクーバー五輪代表の小塚崇彦(27)=トヨタ自動車=が現役を引退することを発表した。所属のトヨタ自動車から、同連盟の橋本聖子会長宛てに、3月31日をもって現役を引退するという届け出があった。引退後は社業に専念するという。

 小塚のコメントは次のとおり。

 「今シーズンをもちまして現役引退を決意しました。5歳からはじめたスケートを今まで楽しく続けてこられたのは、スケート連盟をはじめとするスケート関係者の皆様、所属先として支えていただいた梅村学園およびトヨタ自動車の皆様、そしてファンの皆様など多くの方々のおかげだと感謝しています」

 「現役生活の中でたくさんの思い出を作ることができました。1つ1つの試合に思い出がありますが、特にバンクーバー五輪への出場、全日本選手権での優勝、世界選手権での2位。2013年の全日本選手権でソチオリンピック出場が叶わなかったこと。そして2014年の全日本選手権では、怪我の影響もありグランプリシリーズでも思うような結果が出ない中、やっと納得できる演技ができ、思わずガッツポーズをしたことなど、貴重な経験をすることができました」

 「今後につきましては、氷上を去ることになりますが、これまでの経験を活かし、トヨタ自動車の従業員として新たな人生を歩むことに致しました

 「人生の大きな節目となる大きな決断になりましたが、トヨタ自動車とスケート関係者の皆様のご厚意により、4月17日のスターズオンアイス最終公演にて、皆様にご挨拶する機会をいただきました。引き続き、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。小塚崇彦」

 小塚は10年バンクーバー五輪代表。同年全日本選手権で初優勝を飾ると、11年世界選手権では銀メダルを獲得した。近年は怪我などに苦しみ、昨年の全日本では5位に終わり、世界選手権代表入りを逃した。2月20日にフジテレビの大島由加里アナウンサーと結婚したばかりだった。

 小塚の祖父光彦さんは旧満州のフィギュアスケート王者で、父嗣彦さんは68年グルノーブル五輪代表。「フィギュア界のサラブレッド」とも呼ばれた。

デイリー
〔2016年3月15日〕
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/03/15/0008894367.shtml 



氷上を去ることに、氷上を去ることに、氷上を去ることに・・・(@◇@;) ウ・・・


 小塚崇彦、今季限りで引退

 2010年バンクーバー冬季五輪代表のフィギュアスケート男子、小塚崇彦(27)=トヨタ自動車=が15日、今季限りで現役を引退すると発表した。今季は全日本選手権5位で、今月下旬開幕の世界選手権出場権を逃した。今後は「これまでの経験を生かし、トヨタ自動車の従業員として新たな人生を歩む」としており、後進の指導にあたるとみられる。

 名古屋市出身で、父は1968年グルノーブル五輪代表の嗣彦さん、母・幸子さんはアイスダンスで全日本選手権準優勝。05〜06年シーズンにジュニアグランプリ(GP)ファイナルと世界ジュニア選手権の2冠に輝き、GPシリーズは08年スケートアメリカで初優勝するなど4勝した。バンクーバー五輪8位入賞。同年、全日本選手権も初制覇し、11年世界選手権で銀メダルを獲得した。今季は中国杯を左足痛で欠場。ロシア杯も9位と振るわなかった。

 小塚は「5歳から始めたスケートを今まで楽しく続けてこられたのは多くの方々のおかげ」とコメントした。4月17日に東京で開かれるアイスショー最終日に、ファンに別れのあいさつをする予定。【中村有花】

毎日新聞
〔2016年3月15日 19時24分〕
http://mainichi.jp/articles/20160316/k00/00m/050/046000c 



みんな、いなくなるんですね。
今、ものすごい喪失感に襲われておりますにゃ。

ko.jpg


・・・ところで、トヨタ自動車の社員になられるということだけど、
スケートとは関係のないお仕事になるのでしょうか?
それとも、毎日新聞にあるように、後進の指導に?

ショーでもまだまだ観たかったのにな。


でも、小塚選手が決めたことですから。。。
これからも応援しております。


長いスケート人生、お疲れさまでした。
そして、これからの小塚選手の人生にもたくさんの笑顔と幸福が訪れますように( ̄人 ̄)



フィギュアスケート ブログランキングへ


2015_07
25
(Sat)16:20

小塚選手おめでとう!&JOのメンバー&THE ICE情報

ちょっと出遅れてしまったけれど、小塚選手のご婚約報道がありましたにゃね!
THE ICE札幌公演の後に、小塚選手が自ら発表してくれましたにゃよヽ(*⌒∇⌒*)ノ

hana02014さまがUPしてくださっている動画をお借りします。

   動画はこちら → 0723 祝・婚約発表(Engagement announcement)

とってもうれしそう(*´ω`*)

K1.png
K2.png
K3.png
K4.png
K5.png
K6.png
K7.png


小塚さん、大島さん、ご婚約おめでとうございます(´;ェ;`)

お相手の大島アナはキリッとした美人さんで、しっかりしていて、ステキな方のよう♪
結婚したら、小塚選手の忘れものも減るかもしれないにゃね(笑)


大島 由香里アナ、小塚崇彦選手との婚約について心境語る(15/07/23)



ヒト族メディアより記事をお借りします。


 小塚崇彦、“公開”プロポーズ実らせフジ大島由香里アナと来年結婚

 フィギュアスケートの小塚崇彦(26)=トヨタ自動車=とフジテレビ系「あしたのニュース」のメーンキャスターを務める同局の大島由香里アナウンサー(31)が23日、婚約したことを双方の所属先が発表した。2010年のバンクーバー五輪で出会った2人は、約3年間の交際を実らせ、来年結婚する予定。関係者によると、先週末に小塚が出演したアイスショー後、スケートリンクから大島アナに求婚し、氷上でアツアツの愛を実らせた。

フィギュア界の貴公子が、フジの“夜の顔”ともいうべき報道番組を担う5歳年上の美人キャスターを射止めた。

 婚約は双方の所属先が書面で発表。結婚は来年を予定しており、挙式・披露宴は未定。大島アナは退社せず、今後も仕事を続けていくという。妊娠はしていない。

 2人は、小塚が日本代表となった10年のバンクーバー五輪で出会った。大島アナは中継キャスターとしてフィギュアの現場を取材しており、小塚の大ファンだったという。13年から真剣交際に発展し、同6月に熱愛が明らかになった際、小塚は大島アナについて「良き理解者」と認め、順調に愛を育んできた。

 この日発表された書面で、小塚は「バンクーバー五輪帰国後の先輩たちとの食事会で知り合いました」と説明。「それから3年後、股関節の怪我によるスランプで辛かった時期を支えてもらい、話をしているだけで焦る気持ちも消え、『スケートに戻ろう』と思わせてくれる存在になっていきました」と大島アナに絶大な信頼を寄せた。

 交際中は選手、アナウンサーとして互いの立場で切磋琢磨してきたという。昨年のソチ五輪は代表から落選したが、「忘れることのできない全日本選手権(13年3位、14年3位)をともに2度経験してくれたことが、婚約を決断する大きなキッカケになりました」と熱い思いを吐露した。

 複数の関係者の話を総合すると、小塚は18日に東京都内で行われたアイスショーに出演し、大島アナも鑑賞。ショー終了後、スケートリンクからサプライズでプロポーズし、出場選手やスタッフが見守る中、OKをもらったという。

 小塚は「現役スケーターということで、心配な気持ちにさせたりすることもあるとは思いますが、より一層責任感を持ち、仕事に励んでいきたい」と宣言。大島も「氷上で見せるとおりのまっすぐで純粋なところ、日本を背負って戦う姿を尊敬しております」とベタぼれのコメントを寄せた。最愛の伴侶を得た小塚は、二人三脚でさらなる“ジャンプ”を誓う。

サンケイスポーツ
〔2015.7.24 05:04〕

http://www.sanspo.com/geino/news/20150724/mrg15072405040001-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20150724/mrg15072405040001-n2.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20150724/mrg15072405040001-n3.html 



サプライズで氷上プロポーズ.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
小塚選手にこのようなロマンティックな一面があったとは!

FNNのこちらの記事によると~

  → フィギュア・小塚選手、氷上のプロポーズのエピソード明かす

 「めざましテレビ」や「グッディ!」では、事前に大島アナウンサーから聞いた内輪の情報を持ち寄り、プロポーズの詳しい状況を説明した。
2つの番組によると、先週末のアイスショー終了後、小塚選手が大島アナウンサーをリンクの上に連れて行くと、そこには、赤じゅうたんが。スポットライトまで準備され、突然始まったプロポーズ。 


にゃ~~~~♪(/▽\)♪
いやいやいやいや、末永くお幸せに(*´▽`*)


小塚選手のご婚約という、歓喜の一報に触れた小塚選手ファン&スケオタの皆様の反応が
これまた面白いことになってますにゃよ。

Twitterでは #小塚選手の披露宴を勝手に考える というハッシュタグが登場し、
かなり盛り上がっています!


  → 小塚崇彦選手、祝婚約! #小塚選手の披露宴を勝手に考える がマニアックすぎて伝わらないネタで溢れる
  → #小塚崇彦選手の披露宴を勝手に考える のまとめ

佐藤先生のくるくるぽんっ!で入場とか、織田くん号泣ネタ、まっちーのスピーチネタ、
小塚選手の忘れものネタとか面白すぎるにゃヽ(*⌒∇⌒*)ノ

挙式・披露宴は未定ということだけれど、ぜひ大々的にやって欲しいなぁ♪
しかし「披露宴会場がどう見てもバンケ」という状況にはなりそうにゃね(*´▽`*)


さて、ここからはジャパンオープンとTHE ICEの話題です♪


10月3日に開催されるJapanOpenの出場メンバーが日増しに豪華になっていますにゃ!

  → 木下グループカップ JapanOpen 2015

JA2_2015072515470594b.png

北米にパトリック・チャン選手とジェレミー・アボット選手!!
現地観戦できる方がうらやましいにゃ(´;ェ;`)

あとは日本男子と欧州の男女各1名の発表だけですが、日本はどの選手が入るでしょうね??


そしてココからはTHE ICEのネタバレ注意にゃ!!


関東ローカルでTHE ICE2015の短縮版が放送されましたにゃね。
さっそく動画が上がっていました!!!!

Pinoさまの動画をお借りします。


2015 関東ローカル①

2015 関東ローカル① 投稿者 pinokofigure

2015関東ローカル②

2015関東ローカル② 投稿者 pinokofigure


和猫はここにUPしたものの、まだきちんと動画を観ていませんにゃ(^^;
あとからゆっくり見て、気持ちを少し落ち着かせてから明日の観戦を楽しみたいと思っています♪

1年ぶりに真央さんに会えるのがうれし過ぎて、ずっとニャーニャー言ってます(笑)
さて、これからヒト族に変身しますにゃよψ( ̄▽ ̄)ψイヒヒ



フィギュアスケート ブログランキングへ


2015_05
14
(Thu)16:10

小塚選手と真央さんのブレード

昨日は真央さん復帰か?!というニュースが流れて、
ヒト族やネコ族のスケートファンの間だけではなく、巷でも大騒ぎになってたみたいだにゃ。
真央さんはたいへん人気のあるスケーターなので、ヒト族のマスコミに騒がれるのはある程度仕方ないことにゃね。
今後もし真央さんが復帰してきたら、真央さんファンは報道に対して覚悟を持つことが大切で、
釣られて過剰反応も良くないと和猫は思うにゃ。

この件については18日の真央さん本人による記者会見を待つことにして、
前回の記事でご紹介した朝日新聞スポーツ部・後藤記者のこの部分に和猫は注目してみた(-_☆)キラーン!


 ただ、浅田は新しいエッジを作り、複数の靴も新たに発注している。

http://www.asahi.com/articles/ASH5F3RNNH5FUTQP00G.html 




この新しいエッジについて、サンケイスポーツの今村記者がさらに詳細な記事を書いていたにゃ。


  【甘口辛口】浅田が復帰したらフィギュア本来の女性らしい優雅な演技を見せてもらいたい

(一部引用)

 世界の女子が、ロシア勢を中心にどんどん低年齢化していく中で24歳はベテランの部類に入る上、1年のブランク。本格復帰への道のりは厳しいが、浅田の“やる気”を物語るのがスケート靴のブレードと呼ばれる金属の部分。いままでは英国製だったが、新たに地元名古屋市で自動車や電子機器の部品を作っている山一ハガネに特注した。

 従来は靴の底に取り付けた台座と溶接でつなげていたのを、外国がマネできない“モノ作り”の特殊技術で一体成形にした。溶接では衝撃で着氷の際に刃が曲がるなどの弱点もあった。値段は約30万円。「男子の小塚崇彦さんの注文で昨年初めて作って、女子はもちろん浅田さんが初めて。ぜひ世界の舞台で使ってほしい」と同社の担当者は話す。

サンケイスポーツ
〔今村忠 2015.5.14 05:00〕

http://www.sanspo.com/etc/news/20150514/amk15051405000001-n1.html 



真央さんは小塚選手プロデュース(?!)山一ハガネ様のブレードを発注したにゃね!
山一ハガネ様は名古屋の老舗企業(昭和2年創業)で、特殊鋼専門商社。

と、HPに書いてあったにゃ(=´∇`=)

  ポチッとな → 株式会社 山一ハガネ

この山一ハガネ様で小塚選手が足の型取りをしていた時に、会話の流れでブレードについて話したところ
「このエッジだったらうちのほうが絶対に良いものができる」「ではお願いします!」ということで、
山一ハガネ様と小塚選手の共同開発は始まった・・・

と、下記の動画で言っているにゃ(=´∇`=)

小塚選手の新しいブレードのことはヒト族のファンの間でも話題になっていたし、
この動画(「キャッチ」中京テレビ)も昨年10月放送のものなので
すでにご覧になっている方も多いと思うけれど、和猫も復習を兼ねてもう一度観ていくにゃ。


動画主様、ありがたくお借りします。
画面キャプチャーもさせていただきました。

20141008 キャッチ 小塚崇彦生出演

20141008 キャッチ 小塚崇彦生出演 投稿者 39loves2


小塚選手のお話によると、現在スケーターが使用しているブレードは1~2週間で曲がってしまう上に
1本5万円~7万円もする。2週間~3週間で7万円払ってたら大変な出費だにゃー(´・ω・`)
(実際は数か月使用する)

これは現在の靴と、昔の靴の比較。右側は小塚選手のお祖父さまのもの。

KOZU2.png

昔と今とではブーツの長さが若干短くなっているものの、ブレードの部分は長年変わっていないそう。

どういう作りになっているかというと、台座と刃が別々のパーツになっていて
それを溶接でくっつけているということにゃ。

KOZU4.png

ジャンプの踏切りや着氷ではブレードにかなりの負荷がかかってしまうけど、
その衝撃に耐えられず、溶接の部分に隙間が出来て歪んじゃう。
それも前述したようにわずか1~2週間で。

KOZU5.png

この画像は小塚選手が2か月履いた靴だけど、曲がっているのがよくわかるにゃー。
着氷の衝撃で真ん中がへこんで、左右が盛り上がってくるんだね。

KOZU13.png

これを変えるべく「耐久性と高品質を兼ね備えたブレード」を作るのに立ち上がったのが小塚選手。
従来にはない画期的な方法でブレード作製に取り組んだにゃ。

KOZU7.png

新しいブレードは、台座と刃の一体型!

重さ9キロの特殊鋼を使用して、金型などを作る高性能の機械に取りつけてから
ブレードのデータをPCに入力。これを3日かけてドリルでひたすら削るそう。

KOZU8.png

イメージはこんな感じ。

KOZU9.png
KOZU10.png

9キロの特殊鋼がわずか275グラム(もとの重さの3%)に!
こうして台座から刃の部分まで一体化した繫ぎ目の無い、強度と耐久性が増したブレードが作られたにゃ。

素材も新ブレードは特殊鋼だけれど、従来のものは小塚選手が調べてもらったところ
ドラム缶と同じ素材だったらしい。これには和猫もちょっとびっくり。
もっと良い素材のものが使われていると思っていたにゃ。1~2週間で歪むのも納得にゃね。


新ブレードをチェックした際に小塚選手は、
「全体的にいいと思うけど右足の内側が横滑りする。何か問題あるのかな」と話していたけれど
昨年夏に開催されたアイスショー「THE ICE」でまず使用したそうな。

その「THE ICE」は和猫も観戦したにゃ(=´∇`=)
和猫は舞い上がっていてブレードのことなどぜんぜん気付かなかったにゃ(=´∇`=)

他の選手やコーチたちは、小塚選手のブレードが変わったことをその「音」ですぐに気付いたとか。
カーブを描くときに「ゴゴゴゴ」という音がしていたけれど、それが少し高い音に変わったらしいにゃ。
和猫はネコ族で音には敏感だけど、違いがわかるかにゃ~?

これまでは「曲がったエッジを自分の滑りで調整したり、身体を調整したりしていた」けど、
「出来ればエッジを身体に合わせられるようにしたい」と小塚選手。

動画では、新ブレードを「5か月使用している」と小塚選手は言っていたので
耐久性は格段に進歩したようだけど、その他の問題もきっと少しずつ改善されていると思うにゃ。
身体をエッジに合わせるのではなく、エッジを身体に合わせられるようになったらいいにゃねー。
本来はそれが当たり前だという気がするけど(^▽^;)

ところで山一ハガネの寺西社長さんはこの仕事について
「大きな責任と誇りとやりがいがある、非常に胸躍るワクワクする仕事」だとおっしゃっていたにゃ。

天晴れ!日本の物作り精神!

小塚選手をはじめ、山一ハガネの皆様の努力で作られたブレードを発注したという真央さん。
これが良い結果を招かないはずがないと和猫は思うにゃ。


最後は小塚選手の言葉で締めさせていただきまする。

 うまくいけば僕だけじゃなくて、スケート界の次に続いてくる子たちにとっていいことになるんじゃないかなと思って。出来る限り僕の身体を使って、出来ることなら完成させて、みんなに「滑りやすくて負担のないスケート界」というのを続けてあげられたらいいなと思います。 



kodumao.jpg




フィギュアスケート ブログランキングへ