2017_01
31
(Tue)19:00

【雑記】豆腐百珍 湯やっこ

「豆腐百珍」は江戸後期の天明2年(1782年)に醒狂道人何必醇(すいきょうどうじんかひつじゅん)というペンネームの人物が書いた豆腐料理の本で、版元は大阪高麗橋一丁目の春星堂、藤屋善七です。

豆腐百珍. [正編] より
yuyako8.png
(国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494)

  → 豆腐百珍. [正編] (国立国会図書館デジタルコレクション)

著者の醒狂道人何必醇は料理人ではなく、篆刻家(てんこくか・印章職人)の曽谷学川(そだにがくせん)であると言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。いずれにしても教養とセンスのある人物だったようで、豆腐に関する和漢の文献から故事来歴をまとめ、漢詩なども盛り込んであって、料理レシピ本というよりも、どちらかというと“読み物”としての側面のほうが強いかも知れません。

“醒狂道人何必醇”というペンネームもなんだか洒落ていますよね。“何必醇”とは「濃厚な味ばかりが美味しい訳ではない」という意味らしいです。

豆腐料理を「尋常品」「通品」「佳品」「奇品」「妙品」「絶品」と、6段階で格付けして掲載したことも画期的で、この本は大阪から江戸へと下り、たちまち大ベストセラーになりました。そして翌年には「豆腐百珍続編」が、そのまた翌年には「豆腐百珍余録」が出版されます。

「豆腐百珍」の人気をきっかけに、「鯛百珍料理秘密箱」、「甘藷百珍」、「万宝料理秘密箱 卵百珍」などのいわゆる“百珍もの”が次々と出版され、江戸にグルメブームが巻き起こりました。このあたりは現代とあまり変わりませんよね。誰だったか「人間(民族)の本質は100年や200年経ったところでたいして変わらない」とおっしゃっていましたが、和猫も同感です。

「豆腐百珍」を実際に読んでみると、詳細な調理法が書かれていないものもあるし、想像で書いているものもあるよね?という料理もいくつか見受けられます。逆に、やたらと作り方に拘っているものもあって面白いです。

yuyako18 (700x394)
(画像 「豆腐百珍」新潮社より P13、P74 )

これ↑なんて、どう見ても一般家庭で普通に作るような料理じゃないですよね(;・∀・)
左は「結び豆腐」といって、豆腐を薄く長く切って結んですまし汁を張ったもの。
右側はこれも豆腐を細長く切って、まるでうどんのようにして食べる「縮緬豆腐」です。

「尋常品」「通品」「佳品」「奇品」「妙品」「絶品」の格付けもなかなかで、以下のように書かれてあります。


尋常品(26品)
どこの家庭でも常に料理するものだが、その中にも料理人の秘伝といったものがあれば全て書き記した。

通品(10品)
料理に格別に難しいことはない。一般に知られているので、料理法は記すほどのことはなく、料理名だけを記す。

佳品(20品)
風味が尋常品にやや優れ、見た目の形のきれいな料理の類である。

奇品(19品)
ひときわ変わったもので、人の意表をついた料理である。

妙品(18品)
少し奇品に優るものである。奇品は形は珍しいが、うまさの点で妙品に及ばない。妙品は形、味ともに備わったものである。

絶品(7品)
さらに妙品に優るものである。奇品、妙品は最上の美味ではあるが、うますぎるきらいがある。絶品は、ただ珍しさ、盛り付けのきれいさに捉われることなく、ひたすら豆腐の持ち味を知り得る、絶妙の調味加減を書き記した。豆腐好きの人ならば、必ず食すべきものである。

(「豆腐百珍」 新潮社より) 


前回の記事「【雑記】江戸の豆腐」でも熱く語ったように、和猫は豆腐が大好きです。この時代に生きていたら絶対に何必醇の「豆腐百珍」を買ったと思います。そういえば、「細雪」で有名な文豪・谷崎潤一郎は美食家としても知られていますが、「豆腐百珍」に掲載されている100種類の料理をすべて作って試食したという話があります。

こちらは和猫が購入した現代語訳…というか、100種類の料理を現代のレシピで多少アレンジを加えて再現した「豆腐百珍」です。簡単な作り方も載っています。

yuyako1.jpg

尋常品から絶品まで、田楽のレシピが合わせて14品あります。
江戸人はほんとうに豆腐田楽が大好きだったんですねぇ。木の芽田楽やお醤油を付けて焼いた田楽などのほかに、海胆を乗せて焼いたものまでありました。

100種類の中で興味があるものをいくつか作ってみたのですが、和猫の一押しはなんといっても絶品97番の「湯やっこ」です。
湯やっこは現代でいうところの湯豆腐のことですが、豆腐百珍の湯やっこは、お湯ではなく葛湯を使っているところがポイント!葛湯で温めることで、豆腐の舌触りがより滑らかになるし、冷めにくいという利点もあります。

また、花かつおと醤油で作るお出汁も最高です( ̄¬ ̄*)

yuyako2.jpg

最近では和猫家で湯豆腐というと、この湯やっこを指します。


こちらがレシピになります。

豆腐百珍. [正編]より
yuyako5.png
(国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494)
(コマ番号35~36の該当部分を繋げて赤枠で囲む)


①豆腐を3センチほどの采の目か、3.5センチくらいの拍子木に切る。
②葛湯を湯玉が立つほど沸かす。
③豆腐を一人前入れて、まさに浮き上がろうとするところを掬い取って器に盛る。
④浮き上がってしまっては加減がよくないので手っ取り早く!
⑤器も温めておくと良いでしょう。
⑥生醤油を煮立たせて花かつおを入れ、湯を少し足してさらに煮立たせて濾し、猪口に入れる。
⑦ネギの白根のざくざく、おろし大根、唐辛子の粉を入れる。


豆腐を入れて、まさに今浮き上がるっ!というところを見計らって掬い取るのが重要なポイントみたいですね(ノ´∀`*)
でも、豆腐を芯まで温めるには、もう少し長く葛湯でグツグツとやっておくか、あらかじめ豆腐を室温に戻しておく必要があると思います。

「ネギの白根のざくざく」とは、要するに刻み葱のことです。

yuyako4.jpg

レシピをさらにわかりやすく書き直すとこんな感じ。
ちなみに分量は適当です( ̄∀ ̄*)


①生醤油を煮立たせて花かつおを入れてまた煮る。
②煮立ったら、適度にお湯を足して好みの味に調節して濾しておく。
③刻み葱、大根おろしを作る。
④豆腐を3センチほどの采の目か拍子木に切る。
⑤葛湯を作る。
⑥葛湯が沸いたら豆腐を入れて温め、先に作っておいた醤油出汁に薬味と、お好みで一味をかけていただく。


yuyako555.jpg

江戸時代の味を完全に再現するには、豆腐の製造や醤油の製造から変えるところからやらないといけないのでほとんど不可能ですが、現代風にアレンジして食べる「湯やっこ」はまさに絶品です。

今夜のように寒い日は「湯やっこ」に限ります(*´艸`*)



<参考にした書籍・サイト>
・「江戸庶民の食風景 江戸の台所」 人文社編集
・「豆腐百珍」 新潮社
国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館 月報(2013年6月 №627)
・「下級武士の食日記」 青木直己・著



スポンサーサイト
2017_01
28
(Sat)17:35

欧州選手権いろいろ

和猫が大好きなチェコで開催されている欧州選手権。
男子シングルSPと、それから女子シングルが終了しました。

金曜日はなぜだかやたらと疲れてしまって、ライストを観ている途中でいつの間にか寝てしまい、
今朝も9時過ぎまで寝てましたー。
久しぶりに一心不乱?!に熟睡して少し疲れがとれましたが、
いったい何にこんなに疲れていたのか(^^;

起きて欧州選手権の結果を確認してみると、
メドベデワ選手が世界記録を更新して優勝しているし(Wow!)、カロリーナが3位に入ったし(喜)、
コフトゥンくんが力強くガッツポーズしているしで、いろいろびっくりぽんでした。

※男子シングルSPの結果とジャジスコア

  → Men - Short Program Result Details
  → ISU European Figure Skating Championships 2017 MEN SHORT PROGRAM

※女子シングルの結果とFSのジャッジスコア

  → Ladies Result
  → ISU European Figure Skating Championships 2017 LADIES FREE SKATING

男子は予想通りにフェルナンデス選手が100点超えで1位発進。
2位にはとうとうヒッチハイクに成功したコフトゥン選手!
3位にベテラン29歳のビチェンコ選手ですヽ(^◇^*)/

地元のミハル・ブレジナ選手は怪我の影響かな…
4回転は回避して3Aで転倒があり、8位です。

Michal Brezina. 2017 European Figure Skating Championships. SP


大声援ですね!
ミハルのこのおしゃれなプログラム、和猫は大好きです。
イケメンだしね(*´艸`*)

URO2.png

怪我は大丈夫なのでしょうか?
フリーも頑張ってほしいけれど、無理して悪化しても大変ですから。

こちらはSP7位のマヨロフ選手の演技です。
ヘルシンキでの世界選手権を意識したプログラムが楽しいです♪

Alexander Majorov. 2017 European Figure Skating Championships. SP


音ハメがとても難しそうですが、マヨロフ選手の持ち味が生きる良プログラムですね。
フィンランドのポピュラーソング「Ievan Polkka(イエヴァン・ポルカ)」(*´▽`*)

フィンランドの「Ievan Polkka」が世界的に有名になっちゃったのは、
このフラッシュアニメなのだそうです(*´艸`*)

「LeekSpin(ネギ回し)」とか「Loituma Girl(ロイツマ・ガール)」とか言われているみたい。

Loituma Girl Original (Leekspin) - Fix'd Version


なぜネギを回しているのか(;・∀・)

フィンランド語の方言の一つ、サヴォの歌詞が
聞きなれない和猫たちにはなんだかわからない早口言葉のように聞こえますね(ノ´∀`*)

男子シングルからもうひとり。
SP33位でフリーに行けなかったイスラエルのサモヒン選手です。

サモヒン選手は荷物のロストバゲッジというトラブルに遭ってしまい、
競技までにスケート靴が届きませんでした。

サモヒン選手のお兄さんが急きょチェコまで持ってきてくれた靴で滑ったそうですが、
当然のことながら、うまく滑ることが出来ないしジャンプも決まらない。
本人の落ち度とは全く関係のないことで大事な試合でこんなことになるなんて
なんともやりきれない気持ちになります。

Daniel Samohin. 2017 European Figure Skating Championships. SP


スケート選手にとって靴は何よりも大事なものです。
今回の件で、スケート靴について語っているプルシェンコ選手の自伝が注目を集めているようですので、
和猫も読んでみました。

ブログ「ANOTHER SHOW」様より。

 こちら  → 8.僕の大事なスケート靴①

このご時世、エッジが凶器になり得るから機内に持ち込み禁止なのは理解できるけれど、
でも実際に靴が届かないという理不尽なことがこれまでも起こっていたし、
これからも起こるだろうから、ここはISUが何らかの対策を設けるべきではないかと思います。

また、プルシェンコ選手の自伝を読んで、ソチ五輪での砂入りアルメニアリンクの件を思い出してしまいました。
真央さんのエッジを磨き直さなければならなかったお話。

  → 真央「最高の演技」で恩返し!フリー自己新 万感6位  (スポニチアネックス 2014年2月21日 05:40)

 (一部抜粋)

 昨年11月末に痛めた腰も年明けには回復。腰に負担のかかるスピンの練習もこなし、体調に不安はなかった。だが、団体から個人戦SPの間に行った、アルメニアの首都エレバンでの合宿でトラブルに見舞われた。エレバンのリンクの氷面には砂が浮き出し、スケート靴の刃(エッジ)が傷んでしまった。

 また、エレバンは標高約1000メートルの高地。高地は気圧が低く、一般的にジャンプが跳びやすいとされる。一方、同じような標高の長野・野辺山で行う有望新人発掘合宿では、ジャンプの調子を崩す選手がいるという。個人戦SPでのジャンプ失敗について「高地での調整が影響した可能性がある」と指摘する関係者もいたが、フリーで奇跡の逆襲劇を見せた。 

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/21/kiji/K20140221007633880.html 


なぜ五輪という大舞台で、大事なスケート靴にこのようなことが起こってしまったのでしょう?
けっきょく真相は闇の中…


続いて女子シングルの結果です。

メドベデワ選手が自身の持つFSの記録をまた更新する150.79点を出し、
総合229.71点で、世界歴代最高得点を7年ぶりに塗り替えました!

SPを観たときに、少し体調が悪いのかな?と思ったけれど、
FSではそんなことを微塵も感じさせない滑りでした。

Евгения Медведева. Чемпионат Европы 2017, ПП 1 229.71 (мировой рекорд)


うーん、なんだろう?このミスしない強さ。
要素が詰め込まれているこのプロをまとめ上げられるって相当の努力だと思います。
SPでは正直、もう伸びしろはないかな?という印象でしたが、
フリーではまだ伸びる余地がありますね。

最後の2Aに3Tを付けたのには余裕も感じられるし(ザヤですが)、
宇野選手のお話によると、すべてのジャンプをコンビネーションで跳ぶ練習をしているということなので
その成果?!でしょうか(^▽^;)
でもREPが付くだけでなく、コンボの跳びすぎで2Aの点数も下がって勿体ないことになりました。
(点数も失うし、こういうことはもうやらないほうがいいと思うわー。ナショナルじゃないんだから。)

シーズンを通してほとんどミスがないからジャッジの評価も一定していますね。

URO3.png

あわわわわっヽ(  ̄д ̄;)ノ
3Lzに「!」が付いている以外は綺麗なプロトコル。
たとえ「!」が付いても、加点される要素のほうが上回っているのかGOEもマイナスになることが無いです。

世界選手権では余程のことがない限り、メドベデワ選手の金メダルは確実だと思います。
しかし五輪ではちょっとわからないですね。
和猫、実は五輪では別の選手が上がってくると予想しているのですが、
それが誰なのかはまだ秘密ですにゃ。

世界記録更新&優勝おめでとうございます(*´▽`*)
うれしそうです♪

URO4.png

2位はポゴリラヤ選手でした!

Анна Погорилая. Чемпионат Европы 2017, ПП 2 211


大きなミスがなくてよかったです(*´▽`*)
2位おめでとうございます。

そしてカロリーナが堂々3位ヾ(*´∀`*)ノ

Carolina Kostner / Каролина Костнер. Euro 2017, FS/ПП 3 210


SPも挑戦的でいいなと思ったけれど、
FSはさらに良いですね(*´▽`*) これぞカロリーナ!というプログラム。
ヴィヴァルディがぴったりだわー♪ イタリアのバロックを代表する作曲家だし。

ジャンプ構成としては低いですが、抜けることもなく転倒もなく素晴らしい29歳。
そしてエッジが深い、深い!エレガントで何度も観たくなります。

競技で滑るからには、これからジャンプの難度を上げてくる必要はあるかも知れませんが、
ほんとに戻ってきてくれてありがとう!という思いでいっぱいです。

3位おめでとうございます。

URO6.png

真っ赤なハートとミーシンという、なんだかシュールな絵面です(;・∀・)

URO5.png


2017_01
26
(Thu)15:30

真央さん新CM&おかえり、カロリーナ

佐藤製薬さんの新CMが発表になりましたねヽ(^◇^*)/

  公式HP → 眠くなりにくい鼻炎薬「ナザールαAR0.1%」

NAZA1.png

鼻炎のお薬はたいてい眠くなるし、飲むと仕事に支障が出る上に、水分も奪われてしまうけれど、
“眠くなりにくい”というのは良いですねぇ。
和猫はアレルギー性鼻炎持ちなので、この春はナザールのお世話になろうと思います。

「お庭で授業」篇の真央さんと舞さんヾ(*´∀`*)ノ

ナザールαAR0.1%「お庭で授業」篇 15秒


「ナザール」について解説中の真央さん。
NAZA2.png

出た症状を抑えるだけではないのよナザールは(*´艸`*)
NAZA3.png
NAZA5.png

舞さん、表情の作り方がとても上手でほんとに辛そう(ノ´∀`*)
NAZA6.png

新ナザールは、鼻炎を元から抑えてくれるんですの(´0ノ`*)ホホホ♪
NAZA7.png

ちょっと!聞いてますの?
NAZA8.png

聞いてます(効いてます)やん!(≧∇≦)ノ
NAZA9.png
NAZA10.png

春の風が画面からそよそよと吹いてくるような、ほのぼのとしたCMですにゃ(=´∇`=)
サトちゃんが紛れ込んでいても違和感ないし(笑)

佐藤製薬さんのニュースリリースによると、
「ストナリニS」と「ストナリニZ」の新CM「効き目連続ドラマ2017」篇が
2月1日(水)から全国一斉放送になるそうです!

 こちら → 花粉飛散シーズンにあわせて2篇の新TVCM放映スタート!!!

昨年に引き続き、今年も連続ドラマ風なCMになるのかぁ♪
こちらも楽しみですね!

つづく・・・

「CM撮影秘話」より。

 今回、鼻炎薬シリーズの新TVCMとして2篇の撮影を同時に行いました。お屋敷の庭という設定だったため、スタジオ内には本物の芝生とお花が敷き詰められました。屋内とは思えないほど見事に再現されたお庭の中で、中世ヨーロッパ風の衣装をまとい演技をするお二人は本当に綺麗でした。

 前作ではフィギュアスケートで培った演技力を発揮したお二人ですが、さらに磨きの掛かった演技を披露してくれるのではないかと、スタッフが期待を抱く中撮影はスタートしました。その期待に見事に応えてくれたお二人!前作を振り返り本作はどのような演技をすればよいか考えながらCM撮影に挑むお二人の姿勢は女優そのものでした。お二人の掛け合いではNGテイクもほとんどなく、監督の要求に応えながらもお二人の世界観に変えてしまう演技力とその魅力にはスタッフ全員脱帽でした。

 演技には妥協しないお二人の真剣な表情も見られましたが、撮影の合間は記念撮影するなど、終始楽しんでいる様子でした。
 どちらの作品も浅田姉妹の名演技をちょっとコミカルなストーリーに仕上げております。お二人の磨きのかかった演技力と魅力が自然とカメラにおさまったCMをお楽しみください。

http://www.sato-seiyaku.co.jp/newsrelease/2017/170125/ 


スタジオに本物の芝とお花を敷き詰めてあるんだー!
佐藤製薬さんの辞書に「妥協」という文字は無いw

真央さんも舞さんも“中世ヨーロッパ風”の衣装がとても似合っているし、
姿勢が良いからより素敵です。

舞さんのTwitterより。







とても寒くて凍えるような日が続いていますが、
真央さんと舞さんはいつ見てもまるで春告鳥のように晴れやかで伸びやかな存在です。

 うぐひすの谷より出づる声なくは春来ることを誰か知らまし (古今和歌集 大江千里) 




話は変わりますがー。
昨日からチェコで欧州選手権が開催されています。
コストナー選手がこの舞台に帰ってきましたヽ(^◇^*)/

楽曲は喜多郎さんの「雷神」とレッド・ツェッペリンの「モントルーのボンゾ」を使用していて
振り付けはローリー・ニコルです。

Carolina KOSTNER SP European Championships 2017


ほぼドラムと和太鼓という打楽器で構成されている非常に難しいプログラムですね。
余程スケーティングに自信がないと滑ることが出来ない難曲です。

ひとつひとつのエレメンツだけを見るとまだこれから磨き上げる必要があるとはいえ、
そのスケーティングはやはり別格ですね。これが本当の「大人の滑り」というものではないでしょうか?

karoo1.png

ミーシンもローリーもさすがによくわかってる。
復帰の今シーズンは、あえてカロリーナのスケートがより魅力的に見える選曲にしたのでしょう。
そしてそれは大正解でしたね。少なくとも観客とジャッジに鮮烈な印象を与える効果は抜群でした。

欧州選手権、女子SPの結果とジャッジスコアは以下のリンク先から見ることが出来ます。

 → Ladies - Short Program Result Details
 → ISU European Figure Skating Championships 2017 LADIES SHORT PROGRAM

カロは72.40点で現在3位です(*´▽`*)
3T+3T、3Lo、2Aというジャンプ構成でも70点を超えるという…

しかしこういうことを言うのはナンセンスかも知れませんが、
3T+3Tのセカンド、明らかに回転が足りてないグリ降りですね。
それでも認定されて、GOE「1.3」付いちゃいました(^^;

今大会のジャッジ、判定が甘めなんでしょうか?
まだ他の選手を観ていないのでちょっとわからないのですが。
(そしてぽんちゃん五輪はもうすでに始まっている…)

まあこれから徐々にジャンプも精度は上がってくるだろうし、
何よりあの美しく、そしてダイナミックなカロリーナのスケートをまた観ることができてとてもうれしいです。
いつか真央さんと競技で一緒になるといいですね!

おかえり、カロリーナ(*´▽`*)

karoo.png


2017_01
23
(Mon)17:15

ネイサン&ジェイソン、世界選手権へ!

全米選手権の男子シングルが終了しました。
平日の朝はそうでなくてもバタバタしているのに、
どうしてもライブでネイサン選手とジェイソン選手の演技を観たくて頑張りましたにゃ(^▽^;)
(仕事も頑張れよ! ひとりボケ&ツッコミ)

結果です!

リザルト → 2017 U.S Figure Skating Championships

ネイサン選手が4種5クワドを成功させて大差で優勝!
2位にはヴィンセント・ジョウ選手。(素敵なジュニアです!)
そして3位にジェイソン・ブラウン選手でしたー!!ヾ(*´∀`*)ノ

まずはネイサン・チェン選手の演技をご覧ください。

Nathan Chen LP 2017 US Championships


4Lz+3T、4F、4T+2T+2Lo、4T、そして4S。
まさか3Loを4Sにしてくるとは思いませんでした。

いったい何度「事件」と言わせるのか(;・∀・)
しかしTwitterでハッシュタグ「#ネイサン事件です」を最初に考えた方、凄い!

AJ3.png
(http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2017/24267/results.html)

BVだけで106.16点あるんだもの。まさに太陽系最強としか言いようがありません。
また、これは何度も言うけれど決してジャンプだけではない選手。
この点数なのに、まだまだ伸びしろがあるというところが恐ろしいですし楽しみです。

nes1.png

5クワドを跳んでもなお勢いのあるステップで魅了して、最後までスピードが落ちることがない。
それなのにほとんど息も切れていません。

いったいどういうトレーニングをやっているのだろう?
馬でいうとディープインパクトというよりも、テイエムオペラオーを思い出してしまう(笑)
ネイサンの心肺機能を計測してみたいです。(割と本気で

先に演技を終えたジェイソンやコリコーチもスタンディングオベーション!

nes2.png

nes3.png
nes4.png

リンクを降りると普通の17歳の青年ですよね(*´▽`*)

nes5.png

さらにジャンプの精度を上げることが出来たら必然的に繫ぎも濃くできるわけで、
加えてあのスケーティングを持っていたら怖いもの無しではないでしょうか?
ぽんちゃん五輪の有力な金メダル候補ですね。

しかし、いずれは、いかに無駄をそぎ落としていってプログラムの完成度を高めるかというのも大事です。
ネイサン選手は多くのクワドに助けられなくても、それが出来るスケーターだと和猫は思っています。
願わくは、スケーターとして息の長い競技生活を送ってくれることを。


そしてジェイソン選手がやりましたっ\(*T▽T*)/

Jason Brown LP 2017 US Championships


jso6.png
(http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2017/24267/results.html)

怪我の影響でクワドは入れられなかったけれど、
3Aを2本ともきっちりと跳べたことが大きかったです。

CCSpとChSq、CCoSp、そしてステップでGOE満点が付いていますが、
もしつけられるのだったら、もっともっと加点したいと思わせるほどの美しいスピンとステップです。
4回転が無いのに、ジェイソンの演技はあっという間に終わってしまいます。

フィギュアスケートの真の良さを滑るたびに教えてくれるのが、
男子ではジェイソン・ブラウン選手。女子では圧倒的に真央さんです。
この2人が氷上にいる限りは、まだまだスケートを見て見たいと思ってしまう。

jso1.png
jso2.png

大きなぬいぐるみー(ノ´∀`*)

jso4.png

そしてロヒーンはどこまでもロヒーンなのであったw
ジェイソンの「The Piano」を観て改めて思う。
EXでいいから、ロヒーンの振り付けで滑る真央さんを観てみたいです。

jso5.png

ジェイソンにとって、怪我という大きな壁に挑む厳しい試合でした。

jso3.png

ほんとうに良かった(´;ω;`)ブワッ


この結果をもって、ワールドに選出されたのがネイサン選手とジェイソン選手ですヽ(^◇^*)/

 こちらっ → U.S. FIGURE SKATING ANNOUNCES WORLD, FOUR CONTINENTS AND WORLD JUNIOR TEAMS

2人とも四大陸選手権にも出場予定です。
(※追記 ジェイソンの四大陸出場はドクターの診察次第のようです。)

五輪のプレ大会ですが、もうすでに五輪並みの凄いメンバーばかりで楽しみですね。
女子ではアシュリーが四大陸出場を辞退したので、未来ちゃんが出場予定なのだそうです!

また、グレイシー・ゴールド選手がフランク・キャロルコーチのもとを離れることになったようです。

  → Carroll on coaching Gold: 'There will be a change'

五輪シーズンを控えたこの時期に、キャロルコーチからの申し出ということでGGのことが心配でしたが、
前向きなコメントで少し安心しました。

いちばん近くで教え子を見ていてキャロルにも思うところがあったのかも知れないし、
心の内は誰にもわかりようがありませんね。

変化。
確かに変化は必要だと思う。そして決断することも。

名医がすべての患者にとって名医であるとは限らないのと一緒で、
コーチも同じですよね。どのような競技であれ。
この選択が結果的に最善の道だったと後から言えるように、
GGにはどうか頑張ってほしいと願っています。

2017_01
22
(Sun)16:55

ケヴィン&Pさん

カナダとアメリカの国内選手権が盛り上がっていますが、感想を少し。
和猫視点でかなり偏っています(;´∀`) すみません。

まずはカナダ選手権の男女シングル結果です。

  男子結果 → 2017 Canadian Tire National Skating Championships Senior Men (PDF)
  女子結果 → 2017 Canadian Tire National Skating Championships Senior Women (PDF)

女子シングルはケイトリン・オズモンド選手が優勝!おめでとうございます。
しかし女子はまだカナダもアメリカも、
ほとんど演技を観ていない状態なので何も書けないですが(^▽^;)

男子シングルはPさんが4Sを含む神演技を披露して、
2位のケヴィンになんと41.09点差で優勝しました(;・∀・) オーマイガー!

CTNSC 2017 Patrick Chan FP HQ


フリーの曲「A Journey」を作曲したペアのエリック・ラドフォード選手も見守る中で、
カナダのファンへ最高のプレゼントにもなりましたね。

PSA1.png

Pさんのジャッジスコアです。

PSA3.png
(http://skatecanada.ca/results/2017CDNS/2017CDNSSeniorMenFPDRO.pdf)

なんだか、あわわわ(^▽^;) という感想しかないw
ステップはレベル4で満点ですね。GOEもスゴイけど、PCSも恐ろしいことになってます。
INも満点だしなー。さすがカナダの国内大会。

何もかもが高い評価を得ていますが、和猫はやはりPさんの4Sに感慨深いものがあります。
有言実行ですよね。素晴らしいです。

この動画も必見です。
Pさんとラドフォード選手が、フリーの曲が出来る過程について語ってくれています。

CTNSC17 Patrick Chan and Eric Radford - A Journey


2人がこれまで培ってきた友情がびっしりとつまったプログラム。
素敵です。

PSA4.png

PSA5.png
PSA6.png
PSA7.png

PSA8.png

ピアノはYAMAHAだ(*´▽`*)
昨日、ちびネイサンがピアノを弾いている動画を観たけれど、それはKAWAIでした。
和猫もずっとKAWAI。
どうでもいい情報ですみません(^^;

2位には4クワドのケヴィンでした!!
うれしいですねぇヽ(^◇^*)/

Kevin Reynolds 2017 Canadian National Figure Skating Championships - FS


最初の4TがDGになってしまったけれど、後半に4T+3Tを1.43点の加点付きで決めたのは良かった!
スピンもしっかりと美しく回ってますよー。

ケビン・ベア( *´艸`)

KE1.png
KE2.png

笑顔で何よりですヾ(*´∀`*)ノ


それから全米選手権、女子シングルの結果です。

 女子シングル → 2017 U.S Figure Skating Championships Ladies

女子はカレン・チェン選手が優勝。おめでとうございます!
そしてアシュリー・ワグナー選手が銀メダルですよー素晴らしい!!
3位にはマライア・ベル選手でした。

アシュリーは真央さん同様に物凄い努力家だし、猫好きだし(笑)
アシュリーの活躍は、真央さんにもたくさんの勇気をくれると思いますにゃ。

そして未来ちゃんとGGが(´;ω;`)
未来ちゃんはSPではとても良い演技をしていただけに残念です。
・・・フリーはまだどの選手も演技は観てないけど(^^;

GGは今季は我慢のシーズンになりましたね。
でもきっと復活してくれると信じています。

日本時間の明日早朝?には全米の男子シングルFSがあります。
和猫的大注目のネイサン・チェン選手とジェイソン・ブラウン選手が良い演技をしてくれたらうれしいですにゃよ。

何よりも怪我の無いように。
みんな頑張れ!!


2017_01
21
(Sat)18:20

ネイサン&ジェイソン、そしてケヴィン

今週末はアメリカとカナダの国内選手権です。
男子も女子も、アイスダンスもペアも、とても面白い戦いが続いているようですね。
今日は時間があったので、男子SPを少しだけですが見てみました。

全加はPさんが1位で2位にケヴィン・レイノルズ選手、3位にエラジ・バルデ選手がつけています。

 リザルト → 2017 Canadian Tire National Skating Championships Senior Men SP

Pさんは全ジャンプにミスがありましたが、さすがの滑りを見せてくれました。
今季プロはフリーも好きなので、こちらも楽しみにしています。

また、ケヴィンが2位という結果もとてもうれしいです(*´▽`*)
動画お借りします。

Kevin Reynolds 2017 Canadian National Figure Skating Championships - SP


4Sの転倒があって、あと、CCSpがノーカンになるという勿体ないミスをしてしまいましたが、
4T+3Tと3Aをしっかり決めることが出来て良かったです。
スピンは足替え後の回転が規定数に足りてないですね。

ケヴィンは確か、現役を続けるのは来シーズンまでだったような。
五輪に来て欲しい・・・ぜひとも!


全米の男子SPも面白いことになっています。

 リザルト → 2017 U.S Figure Skating Championships Men SP

ネイサン・チェン選手が106.39点という高得点をマークしてSP1位です。
演技を観て、国内戦ということもあり、これは凄い点数が出るだろうなと思ったけれど。

2017 US Nationals - Nathan Chen SP Universal HD


4Lz+3T、4F、3Aという、最も難度の高いジャンプ構成をさら~っとこなしてしまって、
なんだか違う次元のものを観ているような感覚です。
ネイサンは3Aを苦手としていたはずですが、あっさりとイーグルからひょいっと跳んでみせました(;・∀・)

また、ジャンプばかりに目が行きがちですが、
スピンやステップも素晴らしいし、踊れる素晴らしい選手だとつくづく思いました。

NEISA2.png

NEISA1.png


NEISA.png
(http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2017/24267/SEGM038.html)

TESだけで62.07点 w( ̄Д ̄;)w
事件!事件!!

余程のことが無い限りはフリーで大崩れするとは考えにくいので、
世界選手権代表の1枠はネイサン・チェン選手になるでしょう。
国際大会でネイサンが今日のようなスケートをしたらどのような評価になるのか。
とても興味があります。

ジェイソン・ブラウン選手は右足腓骨に疲労骨折があって練習が出来ず、
氷の上で練習を再開したのはつい最近だったようです。
とても本調子とはいかない中、よく頑張ったなぁと思います。

SP4位です。

2017 US Nationals - Jason Brown SP Universal HD


何度でも観たいと思える演技はなんといってもジェイソンですね(*´▽`*)
ひとつひとつの演技が、動きが、こんなに美しくて映える選手ってそうそういないです。

どうして怪我なんていう受難が降りかかってくるのか(´;ω;`)
辛い日々を過ごしてきたであろうジェイソンですが、この選手の素晴らしいところは
いついかなる時も、笑顔を絶やさないところだと思います。
ジェイソンが嫌な顔をしているところを和猫は一度も見たことがありません。

そしてロヒーンは相変わらずロヒーンでしたw

JA2_20170121180709aac.png

JA3_201701211807102d6.png

笑顔の裏には、様々な苦悩もあったろうに。

JA1_201701211809022b4.png

今年からアメリカの代表選出も全米一発勝負ではなくなったそうですが、
2枠しかない代表権。ジェイソンには少し厳しいスタートとなってしまいました。

なんとかフリーで盛り返してくれたらいいけれど、
無理だけはしないでほしいですね。


2017_01
17
(Tue)19:30

真央さん、今季の試合出場は無し

一部のメディアで報道されていましたが、
小林強化部長の話として正式に発表されましたので掲載しますにゃ。

 浅田真央 今季の海外大会出場はなし 平昌五輪シーズンに備える

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は17日、都内で行われた理事会後に報道陣に対応し、日本連盟として選手の派遣を予定している国際B級大会のバヴァリアンオープン(ドイツ)とクープ・ド・プランタン(ルクセンブルク)について、浅田真央(26)=中京大=のエントリーはなかったことを明かした。

 昨年末の全日本選手権で12位に終わった真央は、世界選手権(ヘルシンキ)、四大陸選手権(韓国)、アジア大会(札幌)の代表入りを逃しており、事実上、今季はこれで終了。選手人生の集大成と位置づける来季の平昌五輪シーズンに備えることになる。小林強化部長は「今はゆっくりして、来季に備えてほしい」と話した。

デイリー
〔2017.1.17〕
http://www.daily.co.jp/general/2017/01/17/0009837330.shtml 


後藤記者のTwitterより。




和猫たちにとって、長い長い真央砂漠が続きますが(;・∀・)
真央さんがゆっくりと来季に向けて力を蓄えられることは良いことですよね。
これが真央さんにとってプラスに働くのではと思います。

身体を休めて、怪我を治して、心身共にリフレッシュして、
そして現役最後となる来季を全力で臨めるように。


さて、真央さんのチャルダッシュ観よう(*´▽`*)

2007 W Mao Asada LP



観客と一緒に完成させた「チャルダッシュ」だった。会場全体が、感動に包まれていた。その感動の中心で、真央は何度も跳びはねた。降り注ぐ花束の雨に濡れながら、笑顔のままで泣いた。最高の気分だった。

「浅田真央 さらなる高みへ」 吉田順・著 より



真央さんの最大の武器は3Aだと誰もが言ったし、
和猫も長い間そう思っていました。

3Aは真央さんにとっての最高の夢であり、今でも彼女の武器として、
そして戦友としてかけがえのないもの。

でも、それだけではなかった。

真央の最大の武器は美しさ

その通りだったよ、ラファエル。
今頃になって、この言葉を噛みしめている和猫です。

2017_01
16
(Mon)16:30

【雑記】この世界の片隅に

先週末、久しぶりに映画を観に行ってきました。
以前は映画館で映画を観るのが大好きだったので、時間さえあれば何かしら観に出掛けていましたが、
最近は年に1、2度出掛ければいいほうで、
今どんな映画が上映されているのかすらほとんど把握しておりません(;´∀`)

そんな中、昨年末からずっと観てみたいと思っていた映画が「この世界の片隅に」です。
しかもアニメーションです。

きっかけは某歴史研究家さんのTwitter。
一次資料に基づく当時の普通の人々の暮らしぶり、舞台となった広島県呉市の街並みが
緻密に描かれていてとにかく素晴らしいと、歴史研究家の視点で大絶賛していました。

和猫は歴史が好きですが、歴史の話を聞いたり読んだりする時に、
時代を動かした表舞台に登場する偉人たちや重大事件よりも、
そんな時にもご飯を食べて、働いて、遊んで、泣いて、笑っていたであろう
「普通の人々」の暮らしにこそ、むしろ興味があります。

表には出てこないけれど、いつの時代にも大多数を占める「普通の人々」が
どんなものを食べて、どんな暮らしをして、どんなことを考えていたのか。
そんな数えきれないほど大勢の普通の人々が暮らしを繋いできた先に、今の和猫たちがいるのです。

映画「この世界の片隅に」にはそんな市井の人々の生きた暮らしが緻密に再現されているなら
ぜひとも観たいというのが、もともとのきっかけでした。

年末はなかなか時間が取れなくて行くことができませんでしたが、
公開当初よりも、思っていた以上の反響があり、上映される映画館も徐々に増えていき、
各メディアにも取り上げられ、いつの間にやらキネマ旬報で日本映画の作品賞1位を獲得してしまいました。

アニメが作品賞を獲得するのは1988年の「となりのトトロ」以来2度目の快挙なのだそうで、
本日発表された日本アカデミー賞の「優秀アニメーション作品賞」にも選出されましたね。

メディアに取り上げられたということと、キネマ旬報で作品賞1位ということもあって
和猫が観に行ったときには映画館は満席で、立ち見の方もいらっしゃいました。

物語は、昭和18年から昭和21年の広島県呉市が舞台。
絵を描くのが好きで、ちょっとのんびりとした性格の女性、すずさんが18歳で結婚して成長していくお話。
簡単に言えば、どこにでもいるひとりの女性の成長物語です。
ただ、すずさんの日常が戦時下だった。それだけです。

それだけなのに、心に大きな塊のようなものがズシン!と落ちてきて、
どうにも表現しようのないほどの「何か」を感じる凄い映画でした。

戦争映画と言われたらそうかも知れないけれど、でもただの戦争映画でもない。
制作側のヒステリックな押しつけがましさもなく、
「だから戦争は止めましょう!」というステレオタイプな映画でもなく、
誰が悪いとか、どちらが悪いとか、そういう話でもなく、またイデオロギーの話でもありません。

「戦時下の日常」を主人公のすずさんの視点で淡々と描いているに過ぎないのです。

しかしだからこそ、「誰にでもある話」として一般の人々の心にすっと入り込み、
まるで自分のことのように置き換えることが出来て、よりリアリティが増すのではないかと思いました。

実写でもアニメでも、こんな映画を観たのは初めてです。

また資料的価値も素晴らしかったです。
ほんの数秒のコマのためだけに、妥協することなく詳細に調査して作品を創り上げており、
まるでその時代の人が本当に今、そこに生きて、生活しているかのような錯覚を覚えるほどです。
和猫は特に鉄道の描写に感動しました。

(参考 → 鉄オタを魅了する「この世界の片隅に」

原作は「夕凪の街 桜の国」でも知られているこうの史代さんの漫画で、
2011年には北川景子さん主演でドラマにもなりました。(和猫は観ていませんが…)
原作も読んでいませんが、時間的な問題などで大事なエピソードがひとつ端折られている以外は
ほとんど原作に忠実に描かれているようです。

主人公すずさんの声を担当したのは「あまちゃん」でお馴染みの、のんさんでしたが
のんさんの声がまたすずさんにぴったりで素晴らしかったです。
「この世界の片隅に」はイギリス、メキシコ、フランス、ドイツ、アメリカなど海外での上映も決定しているそうですが
もし吹き替えになったら、あののんさんの声の魅力が失われないかと心配になるほど良かったです。

海外ではどう受け止められるかわかりませんが、
国や人種、性別、年齢などに関係なく、
「この世界の片隅」にいるすべての人々に通じる普遍的なテーマだと和猫は思うので
日本のみならず、世界中の多くの人に観てもらいたい映画です。

タイプ的にはフランスが好みそうな作品(ノ´∀`*)
昨年のアヌシー国際アニメーション映画祭で公開されたPVも好評だったみたいだし。

しかし出来れば来年、
アメリカのアカデミー賞、長編アニメ部門でオスカーを獲ってくれたらいいのにと思います。
「And the Oscar Goes To...」の後に「In This Corner of the World!」と続いたら最高だなー。

In This Corner of the World Trailer


In This Corner of the World Official [Subtitled] Trailer



ただ泣くだけの映画では無い。
この愛おしい普通の暮らしを生きながら、歴史を紡ぐこれからの人々のための物語です。

こんな映画が見たかった。

2017_01
13
(Fri)11:45

ARSOAの真央さんと、雑誌の中の真央さん

真央さんファンの心の中を読んでいるかのように
「わかっているよ♪」と、いつもいつも絶妙なタイミングで我々の真央砂漠を潤してくれるオアシスが
真央さんのスポンサーさんたちです。

ARSOAさん、住友生命さん、佐藤製薬さん、エアウィーヴさん、ECCさん…

AMAA6.png
(画像 → アルソアさんのHPより)

AMAA8.png
(画像 → アルソアさんのHPより)

 私にも、あたなにも、美しい喝采を。 



なんと美しい・・・
「赤リチュ」の真央さんとはまた違った魅力が!
カメラが恋するわけです。

メイキング映像も公開されていましたヽ(^◇^*)/

  → ARSOA 45th MAO ASADA MAKING MOVIE

(以下の画像は動画からのキャプチャーです。)

AMAA1.png

AMAA2.png

AMAA3.png

AMAA4.png

AMAA5.png

白いお衣装の真央さんは、清楚で朝陽のように柔らかく包み込むような美しさ。
赤いお衣装の真央さんは、内に秘めた情熱が溢れ出る瞬間の美しさ。

和猫は絵は描きませんが、得意だったらこの真央さんを描いてみたいと思いました。

ARSOAさん、さすがです。
ステキな動画をありがとうございます(´;ω;`)
期間限定の動画のようですので、今のうちに何度も再生して目に焼き付けておこうヽ(^◇^*)/

そして機会があればご紹介しようと思っていた、真央さんが掲載されている雑誌を2つ♪

ピアノ音楽誌「ショパン」1月号 より

Twitterで月刊「ショパン」の1月号に真央さんが掲載されていると知り購入しました。

MAMMMM1 (480x360)

MAMM00 (480x360)

「フィギュアスケートを彩るクラシック」というコーナーの中で、
ライターの野口美恵さんが「ピアノ音楽でたどる浅田真央」という記事を書いています。

そこには「月の光」の時の真央さんの美しいお写真と共に、
ピアノ曲で身体表現をするにはスケーターの技量が問われるが、
浅田真央選手は多くのピアノ曲を滑りこなしてきた一人、天性のピアノ曲向きスケーター。
というようなことが書かれていました!

他にファリャと「火祭りの踊り」の解説や、チェロ・スイートの解説、
編集者さんによる真央さんに関するコラムもあって、買って良かったなぁ♪と思った1冊です。

「Number」1/14特別増刊号 平昌へ より

Numberは買われた方も多いかと思いますが、
このお写真、素晴らしいですよね。

MAMMMM10 (480x360)

同じくライターの野口美恵さんが書いたみどりさんのインタビュー記事は、
首が痛くなるほどに何度も頷きながら読みました。

「真央の生き様が輝くことが、応援している私たちの何よりの願いです。」

その通りです、みどりさん(´;ω;`)

最後にこちらはちょい自慢!
昨年末に住友生命さんからいただいた、無敵真央クリアファイルヽ(^◇^*)/

AMAA7.png


うふふ(*´艸`*)



CHOPIN ショパン 2017年1月号 No.396 ハンナ
Number(ナンバー)1/14特別増刊号 平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018 2017年1月号 【表紙】 羽生結弦[本/雑誌] (雑誌) / 文藝春秋


2017_01
12
(Thu)07:15

【雑記】江戸の豆腐

和猫は豆腐が大好きです。

豆腐の種類や製造過程、大豆や水の違い、味の違いなど、そんな細かいことは深く考えたことはないけれど、とにかく豆腐という食材が好物で、結婚披露宴の時には某ホテルの料理長さんに無理を言って、和猫がずっと好きだった豆腐屋さんの豆腐を取り寄せてもらい、料理長さんによるオリジナルの豆腐料理を一品追加してもらいました。当然、追加料金はかかりましたが(涙)悔いはありません。それくらい好きです( ̄∀ ̄*)

お江戸の人々も豆腐が大好きだったようで、江戸後期に出版された「豆腐百珍」という豆腐料理の本は大ベストセラーとなり、出版の翌年には「豆腐百珍続編」が、さらにその翌翌年には「豆腐百珍余禄」が出版されました。また、江戸のおかず番付(日々徳用倹約料理角力取組)における精進の部では、“八はいどうふ”(八杯豆腐)が見事1位を獲得したほどです。

日本に豆腐が登場したのはいつの頃なのか…

一番古い記録は1183年(寿永2年)。奈良の春日大社の神主だった中臣祐重の神事日記で、「奉献御菜種」という供物を記したものの中に「春近唐符一種」という言葉が出てくるそうです。平安末期の頃には、日本ですでに豆腐は作られていたようですね。

初めは僧侶などの間で食べられていた豆腐が、次第に京の貴族、武家社会、そして全国へ広まっていきました。江戸初期に刊行された「大草家料理書」や「料理物語」の中にも、豆腐が使われた料理が掲載されていますが、この頃はまだ、庶民の食卓に豆腐が上ることはありませんでした。豆腐は高価で、幕府は農民に豆腐の製造を禁止していたようです。庶民の食卓に豆腐が登場するのは、江戸中期~後期になります。

いつの間にやら“江戸三白”といって、お米、大根と共に江戸っ子の人気食材となり、さらには「豆腐小僧」という妖怪キャラクターまで登場します。

夭怪着到牒 2巻より 
toufukozo.png
(画像出典 → 国立国会図書館デジタルコレクション コマ番号3の図を切り取ったもの)
(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929732)

お盆に豆腐を乗せて運ぶも、なぜか必ず落としてしまう妖怪らしいです。ただそれだけ(ノ´∀`*)
人畜無害で妖怪と呼ぶにはあまりにも怖くないキャラですが、江戸の子供たちに大人気!草双紙や黄表紙、怪談本、また、凧や双六、かるたなど玩具のキャラクターにもなりました。現代版妖怪ウォッチのようなもの?!

豆腐小僧が持っている豆腐の絵をよくご覧ください。側面に、もみじの葉が描かれているのがわかりますよね。当時の豆腐にはこのようにもみじの葉が刻印されていたようで、これは「紅葉(こうよう)」と「買うよう」をかけた洒落というのが一般的な説になっています。しかし「豆腐に紅葉これといふ言はれなし」という川柳にもあるように、別に「買うよう」だったら豆腐じゃなくてもいいですよね…

「守貞謾稿 後集巻1」によると(大阪府)堺市の特産が「紅葉豆腐」で、そう名付けてあるのは堺で捕れる桜鯛にも劣らない味なので、“桜に対する紅葉”ではないか、とありました。また京坂では菱型の印だったらしいです。

  → 守貞謾稿 後集巻1 コマ番号30 (国立国会図書館デジタルコレクション)

では、江戸後期の豆腐ってどんな感じだったのでしょうか?
「守貞謾稿 第6巻」、さらに上記の「守貞謾稿 後集巻1」に登場する江戸と京坂の豆腐を比較した記述によると、江戸と京坂(阪)では大きさや金額なども違っていたとあります。

守貞謾稿. 巻6より 
toufukozo1.png
(画像出典 → 国立国会図書館デジタルコレクション(コマ番号10) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2592395)

縦一尺八寸(約54cm)、横九寸(約27cm)の箱で豆腐を作り、十または十一に切り分けたのが江戸の豆腐の“一丁”で、四分の一丁から販売していたとあります。価格は一丁が50文~60文。現代の価格に換算するとおよそ825円~990円ということになります。高い!と思うかも知れないけれど、現代の豆腐よりも4倍は大きかったようです。

京坂の豆腐は江戸よりも小さくて柔らかく、価格は2文(198円)。色は白くて江戸の豆腐より美味しいとあります。
一方、江戸の豆腐は硬くて白くなく、京坂のものより味も劣るということです。江戸にも汲み豆腐という柔らかい豆腐はあるけれど、京坂には絹ごし豆腐というものがあって、さらに柔らかい。京坂の豆腐は水に入れないと崩れるけど、江戸の豆腐は崩れることは稀であったそう。

「守貞謾稿」の記述で豆腐を作る箱の縦と横の寸法はわかるけれど、幅が記載されていないですよね。幅はどれくらいだったのだろう?気になる…

ということで、さらに調べてみましたら、天保の改革で豆腐の値段統制が行われていて、その時の資料に豆腐の規格が記されていたようです。

  → 江戸 一八四二 (東京都公文書館 天保の改革と江戸の食より PDFファイル)

 豆腐は標準的には縦七寸(約21cm)、横一尺八寸(約54cm)、幅六寸(約18cm)の箱で制作し、これを九等分したものを一丁(挺)とすること。 


リンク先には図もあるのでわかりやすいですね。これによると・・・

      一丁 = 縦七寸(約21cm) 横六寸(約18cm) 幅二寸(約6cm)

ということになるので、やはりかなり大きい(;・∀・)
「現代の豆腐のおよそ4倍の大きさ」に納得です。
ちなみに現代の豆腐、一丁の大きさには特に決まりはないらしいです。

お江戸の豆腐は店頭販売以外に、主に振売り(棒手振り)で朝、昼、夜の3度、売り歩いていました。女房が店頭で売って、旦那が振売りというパターンだったようです。

先ほどの「守貞謾稿. 巻6」に描かれている豆腐売りの絵です。

toufukozo2.png
(画像出典 → 国立国会図書館デジタルコレクション(コマ番号10) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2592395)

こんなふうに「とぉふいぃーとうふっ!」という売り声と共に長屋まで売りにきてくれたので便利ですよね!和猫の家にも出来立ての豆腐を売りに来て欲しいと切に願う( ̄人 ̄) また、「豆腐売り 貧乏寺の 時計なり」というように、豆腐屋さんの売り声で時間を確認できたそうです。

江戸っ子は豆腐料理の中でも特に田楽が好きだったようですね。前述のように江戸の豆腐は滅多に崩れることがない硬さだったから、田楽という料理法が向いていたのかも知れません。

「豆腐百珍」の挿絵にも豆腐田楽を作っている様子が描かれています。

豆腐百珍より
toufukozo3.png
(画像出典 → 国立国会図書館デジタルコレクション コマ番号5)
(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2536494)



次回はその「豆腐百珍」について書いてみようと思いますヾ(*´∀`*)ノ



<参考にした書籍・サイト>
・「江戸庶民の食風景 江戸の台所」 人文社編集
・「絵でみる江戸の町と暮らし図鑑」 善養寺ススム・著
・「絵でみる妖怪図鑑」 善養寺ススム・著
・「豆腐百珍」 新潮社
・「江戸の家計簿」 磯田道史監修
・国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/
刊行物_東京市史稿_産業篇附録大江戸10(五十五解読の手引き)