flower border

ひねもす

縁側にて終日のたりと過ごす和猫のブログ

四大陸選手権、その他のニュース

Category四大陸選手権
昨日から四大陸選手権が開催されています。
女子シングルSPでは、三原舞依選手が66.51点で現在4位につけていますヾ(*´∀`*)ノ

緊張の中にあっても氷上で演技が出来ることを心から楽しみ、
ただひたすらに、そしてのびのびと滑っている三原選手の演技は観客を自然に笑顔にしてくれますにゃね!

ヘアスタイルもメイクも、自身を飾りたてるわけでもなくとてもシンプル。
しかしその存在はブルーの衣装の効果か、まるで春の喜びをもたらしてくれるスミレのように可憐です。

miharama1.png
女子SPで演技する三原舞依=江陵(共同)
画像 → http://www.sanspo.com/sports/photos/20170217/fgr17021705030001-p2.html

女子SPの結果です。

miharama2.png
http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/CAT002RS.HTM

 ※ジャッジスコア → ISU Four Continents Championships 2017 LADIES SHORT PROGRAM

トップとの差が2点もない三原選手。
挑戦者という立場かも知れないけれど、じゅうぶんに優勝だって狙える位置です。
フリーの「シンデレラ」も頑張ってほしいです。
そして和猫は“和猫の全力応援選手カテゴリー”の中に三原選手を加えました(´∀`*)

宮原選手の欠場で急きょ出場することになった本郷選手は9位。
調整も大変だったと思いますが、大崩れすることなくまとめられて良かった。
そして樋口選手は10位となっています。
2人とも、フリーでは巻き返してくれるといいなと思います。

そして今夜は男子SP。
“和猫の全力応援選手カテゴリー”に入れられている、
田中選手、ネイサン・チェン選手とジェイソン・ブラウン選手がヽ(^◇^*)/

羽生選手と宇野選手、それにPさん、ケヴィンにボーヤン・ジン選手もいるので
なかなか高レベルの戦いになるのではないかと思います。

take1.png


その他のフィギュアスケートニュース。

・元国際審判員・Jスポの解説でもお馴染みの藤森美恵子さん死去

いつも率直で的確な解説をしてくれていた藤森さんが脳梗塞のためにお亡くなりになりました。
真央さんに対しても優しい言葉で語ってくれていた藤森さん。
このような方がもっと前に出てくれていたら、
フィギュアスケートは今よりもっと魅力あるスポーツとしてファンを増やしていたかも知れません。

下記は東スポの記事です。

  → 藤森美恵子さんを悼む (東スポ 2017年02月16日)

以下、引用。

 日本スケート連盟や国際スケート連盟(ISU)のホームページにも見当たらないが、「J SPORTSフィギュア」の公式ツイッターに追悼文が載っていた。

 「J SPORTSのフィギュアスケート中継は、藤森さんと一緒に築いてきたといっても過言ではないでしょう。藤森美恵子さん、心よりご冥福をお祈り申し上げます」

 フィギュアスケートを取材した記者の多くがその解説に助けられたであろう、元国際審判員で選手としても活躍した藤森さんが14日、脳梗塞のため77歳で死去した。平昌五輪1年前にプレ大会として開催される四大陸選手権の開幕が迫る中での訃報だった。

 筆者が最後にフィギュアスケートを取材したのは浅田真央が優勝した2008年のNHK杯東京大会。記者会見はほったらかして藤森さんのコメントを取ろうと思い関係者用の出入り口で探し回ったが見つけられず、空振り。藤森さんの存在を知ったのはアルベールビル五輪の前年に同五輪会場で開催された91年秋のラリック・トロフィー(現フランス杯)だったと思うが、ジャッジの視点や心情、技術解説までコメントは分かりやすく、それでいて鋭く突き刺すような“毒”もあった。

 当たりさわりのない感想に終始せず、ポイントを明確に指摘してくれたので、スポーツ紙の記者にとってはありがたい存在。94年リレハンメル五輪当時、選手の演技がすべて終わると、やはり「藤森さん探し」に走る記者が何人かいたことを思い出す。ネット上の書き込みを見ると、J SPORTSの放送では、「胸のすくような解説」との感想や、杉田秀男氏ともども「神解説」との賛辞も寄せられていた。現場で話を聞いた経験からして、推して知るべしの評判だと言える。

 J SPORTSのサイトなどによると、藤森さんはフィギュアスケーターとして1960年代にアイスダンスとペアで活躍し、引退後はISUジャッジを10年バンクーバー五輪ごろまで長らく務めた。この間、02年ソルトレークシティー五輪での審判員の不正問題により採点方法は激変。日本国内では連盟会長らの金銭スキャンダルでフィギュア部門が傷を受けた。

 フィギュアスケートへの注目が現在ほどなかった時代から、激動期を行きぬいた藤森さん。平昌五輪まであと1年を切ったばかりだった。

http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-watanabe/38653/ 


追悼文くらい、掲載してくれてもいいのにね。(スケ連
スケートファンだけでなく、スポーツ記者の皆様にも頼りにされていたとは知りませんでした。
心よりご冥福をお祈りします。

・Ice Legendsが2018年に延期!

今年も4月に開催予定だったIce Legendsが、主催者側の言葉を借りると「延期」になりました(;´・ω・)

 公式HP → La troisième édition d'Ice Legends reportée à 2018

主に資金の面で準備が整わないみたいですね。残念です。
チケットを購入された方には払い戻しがあるようですので、公式HPをご覧ください。

・紀平梨花選手、史上初3A+3T+2Tに成功!

全大阪フィギュアスケート選手権で跳んだヽ(^◇^*)/
凄い凄い凄い!! 特に関西は大盛り上がり(笑)

2017212 全大阪 紀平梨花 3A-3T-2T


3Aを競技で降りるということだけでも快挙なのに、3T+2Tまで付けちゃう!
皆が横並びの中、こうやって果敢に大技に挑戦してくれる選手がいるのはうれしいですね。
このまま怪我なくシニアに上がってくれたらいいなと思いました。

・ジェイソン・ブラウン選手、韓国のニュース記事に登場

ブラウン選手が韓国の東亜日報に掲載されていましたー

 ファンが投げたぬいぐるみ闘病子供たちに

フィギュアスケート選手たちの演技が終わると、ファンたちは氷に向かって大小のぬいぐるみを投げ歓呼する。このようにファンから受けた愛を大事にするだけにとどまらず、困難に直面している子供たちに配る選手がいる。

「グローバルぬいぐるみ寄付天使」と呼ばれる米国のフィギュアスケート選手ジェイソン・ブラウン(23)である。

ブラウンは2014年10月から、大会が開かれた国のドナルド・マクドナルド・ハウス(RMHC)を介して闘病生活を送っている子供たちに会ってぬいぐるみをプレゼントしてきた。非営利法人RMHCは、長期入院の子供と家族の福祉の増進と、障害児のための医療支援活動などをする団体だ。国際スケート連盟(ISU)四大陸選手権に参加するために江原江陵に滞在しているブラウンは、今回は韓国の子供たちにぬいぐるみをプレゼントする予定だ。

韓国RMHCは16日、「ブラウンが19日男子シングルフリースケート競技を終えた後、釜山大学校の子供病院にいる学校の子供たち5人に会って、ぬいぐるみ伝達式を行う予定だ」と明らかにした。

江陵=チョン・ユンチョル記者

東亜日報 (韓国語・ほぼグーグル翻訳)
〔 2017-02-17 03:00:00〕
http://news.donga.com/3/all/20170217/82908882/1 


「グローバルぬいぐるみ寄付天使」(;´∀`)
そんなニックネームは初めて聞いたような気がしますが、
競技で訪れる国々でいつもぬいぐるみを寄付しているジェイソン。札幌に来たときもそうでした。
今回も韓国の子供たちが喜んでくれるといいですね。
Twitterでもつぶやいていました。







最後に、1週間ほど前にUPしたアーユルヴェーダの記事を読んでくださっていた方がいたようなので、
あの記事は削除したことをお知らせしておきますね。
1時間くらいしかUPしていなかったのに、けっこう読まれていた方がいたようですので。

記事に関しては、プライベートに触れないで欲しい、
マスコミやアンチにネタを与えるなというレスをTwitter上でいただきました。
ツイ主はTwitter用語でいうところのいわゆるクソリプを送ることがご趣味wのような方だったし、
マスコミやアンチは、こちらからネタを与えなくても勝手にネタを創作する天才なので
そんなものにいちいち気を遣っていては書きたいことも書けなければ言いたいことも言えません。

はじめは気にもしていなかったけれど、
よくよく考えてみるとプライベートだという指摘はその通りだなと思い、
その点を鑑みて削除という形をとらせていただきました。
読まれた方は申し訳ありませんでした。

それから五輪が近くなってくると、SNS上は今以上に混沌としてきます。
真偽不明の書き込みが増えたり、争いの火種を作り騒ぎ立てたり、ほんとうにいろいろ(^^;

そのような雑音からは遠ざかっていたいので、
ずいぶん前から各種ブログのランキングからも外れたし、リンクも許可制にしています。
ランキングなどにリンクしていると、アンチさえもやって来てめんどくさいですからねー(ノ´∀`*)

とにかくひっそりと、今ここに来てくれている皆様と真央さんを応援できればそれでいいのです。
和猫はただ、真央さんのラストシーズンを心静かに見守っていきたいだけなのです。

これからもそういうスタンスで、ひっそりと静かにブログを続けていくつもりですにゃ。



スポンサーサイト

2 Comments

むっちゃん  

こんばんは

後期高齢者の母は、選手を覚えていられないのですが、三原選手には一目惚れしてようです。現役選手で覚えたのは、これで真央ちゃんと宮原選手に続いて三人目です。
すごく、よく動いているじゃないと、4位という順位のご不満のようでした。

2017/02/18 (Sat) 02:02 | REPLY |   

和猫  

むっちゃんさま

むっちゃんさまのお母様はなかなか見る目があります!!三原選手の名前を覚えてくれてうれしいです。(知り合いじゃないけど・笑)
順位は確かに不満ですねー。滑走順も影響してしまったかもしれないです。(絶対評価とか言いながら…)でもこれから繫ぎも増やしていったらPCSも上がりそうだし、今日はとにかくミスなく滑ってくれたらいいなと思います。

2017/02/18 (Sat) 13:09 | REPLY |   

Post a comment